喧騒の街、静かな海のネタバレ感想は?感動の結末はヤバい!

  • 喧騒の街、静かな海のネタバレ感想は?感動の結末はヤバい! はコメントを受け付けていません。

この記事は7分で読めます

大まかに言うと

チェック


スポンサードリンク


ディーンフジオカ主演のNHKドラマ「喧騒の街、静かな」が放送!

チェックドラマのネタバレ感想について!

チェック感動の結末はヤバい!?ディーンフジオカの涙の訳は?

 

スポンサードリンク


 

ディーンフジオカ主演のNHKドラマ「喧騒の街、静かな」が放送!

ディーンフジオカ

(画像引用 https://twitter.com/fujiokacnfans?lang=ja)

ディーンフジオカ主演のNHKドラマ「喧騒の街、静かな海」は、7月18日㈪夜10時から放送でしたね!

NHK特集ドラマで、今回単発ものなのでどんな内容かとても興味を持ちました。

 

【Amazon.co.jp限定】喧騒の街、静かな海(オリジナルポストカード付) [DVD]

(「喧噪の街、静かな海」のDVD発売日は2016年11月23日です。)

 

ディーンフジオカ主演ドラマ「喧騒の街、静かな海」の関連記事はこちら▼

ディーンフジオカドラマ(NHK)!喧噪の街、静かな海のキャストは?

NHKドラマ 「喧噪の街、静かな海」の原作者や著書をチェック!

 

 

ディーンフジオカが出演してきたドラマの傾向をみると、アマゾンプライムドラマ「はぴまり」とか台湾ドラマ「王子様をオトせ!」をみるとイケメン御曹司とか超カッコいい役柄でしたね!

それはそれで目の保養になるからいいんですけどね(笑)

 

今回NHKのドラマ「喧騒の街、静かな海」は、今までにない繊細な心を持つカメラマンの青年を演じきっており、マジで見違えました!

NHK「喧騒の街、静かな海」は、1話完結の特集ドラマでしたが、

真面目な内容で時に身につまされるような胸を打つ場面もあり、とても家族の在り方について深く考えさせられましたね。

 

ディーンフジオカ出演ドラマについて詳細はこちら▼

ディーンフジオカがはぴまりに出演!ドラマの視聴方法は?

ディーンフジオカ出演の台湾ドラマ!王子様をオトせを調査!

(トップ画像引用 http://www.asahi.com/topics/word/%E5%AF%BA%E5%B0%BE%E8%81%B0.html)

 

 

喧噪の街、静かな海のネタバレ感想は?

これまでのディーンフジオカが出てくドラマや映画はほぼカッコいい役柄で絞めていましたっけね。

女子のハートを射抜いてしまうような、胸キュンシーン満載のコメディドラマを観てきた私にとっては驚きの連続です。

 

映画「I am ICHIHASHI~逮捕されるまで~」(2013年)では、実在した逃亡犯というとても重いテーマの役柄でシリアスな演技をみせてきました。

でもこの映画以上にディーンフジオカの体当たりの演技がじっくりとみられたのは、何よりも大きな収穫でしたね!

 

え?もう前置きはいいから「喧騒の街、静かな海」のネタバレ感想を早く書けと言われてしまいました・・・スミマセン。

 

 

ディーンフジオカが演じるカメラマン水無月進、みなづきしんと読むんですがまるで芸能人のような名前になりますよね。

職業がカメラマンなので本名を名乗っていないとドラマでは言ってましたね!

水無月進には幼少の頃に妻子を置いて出て行ってしまった父親の海老沢淳(寺尾聡)と、母親の岸部由紀子(市川由衣)がいます。

 

父親とは30年間音信不通だったから、おそらく母親姓の「岸部」になるのではないでしょうか。

母親は絵を描くことが何よりも生きがいだったのに、旦那にやめさせられて精神的に不安定になっていくんですね。

そんな大変な状況なのに看病に嫌気をさして、嫁と幼子を置いて家を飛び出してしまったというのが父親の負い目になるんですね。

「やり直す気力もなかった。」ほどですから海老沢淳の心もやんでいたのだと思います。

 

一方母親も1人息子と離れ離れとなり、三重県尾鷲市で53歳という短い生涯を終えてしまったのですね。

53歳で31歳の息子とは!?

私なんてまだ子供はまだ義務教育中だし、もう来年までしか人生残りわずかだとしたら耐えられません!

母親は最期は家族にも会えなくて、本当に孤独ではなかったのでしょうか?

水無月進は東京から大阪に行って、父親の行方を探していたら偶然出会えたのですけど、音信不通の父親の居場所をどうやって知ったのでしょうね?謎です。

母親が亡くなったと知らせを受けて、父親を捜すきっかけになったのですが父子を30年ぶりに再会できたわけです。

母親の岸部由紀子が父子を会わせたことになるわけですが、なんとも結果的には虚しいですよね・・

 

父親は精神科医として、大阪で不遇な環境にいる子供たちを助ける活動をしてきました。

これまでの自身の行いの償いをするためだといいますが、嫁と子供を探し出す行動はとらなかったのですね。

子供からみれば身勝手きまわりないのですが、血のつながった肉親をさがしだそうと水無月進が行動を起こしたことは、とても勇気のいることですよ。

 

ある意味父親を許してあげているからこそ、父親を捜そうとしたわけですよね。

やさしい心の持ち主の青年なんだと思います。

 

海老沢淳が水無月進のことを息子であると気づいて、出版した風景画の写真集を観るシーンがあるのですね。

写真集は花をモチーフにしており人物は一切移していないのに、どこか人を想いやる気持ちが込められていると察するのです。

 

 

母親に対しても、子供ながらに精神的に安定しない母親を支えてきたのですね。

水無月進も母親から愛情をもらえない苦しい暮らしを送ってきて、心に深い傷を負ってきているのです。

「一緒にいたら壊れていた。」という程ですから、つらかったでしょうね・・・

 

水無月進は大阪に来て高校生の少女クロと出会うのですが、このクロも家庭に恵まれず孤独に生きてきたのですね。

海老沢淳がこの少女の世話をしてきていましたが、なかなか心を開いてくれないのですね。

水無月進はそんなクロをみて近づくのですが、同じ心の傷を背負ったもの同士ですぐに打ち解けていくのですね!

 

17歳のクロから水無月進は「オッサン」呼ばわりされて、気の毒ですよね!

実年齢35歳だからオッサンの部類に入るのでしょうけどね・・

しかし海老沢淳は「オッチャン」なんです。

「オッチャン」と「オッサン」には微妙な温度差があって、クロは海老沢淳に信頼を寄せているのでしょうね。

 

ところでクロと水無月進がお好み焼きを食べているシーンがありました。

でもディーンフジオカって粉ものが一切だめなんですよね!

それは嫌いとかじゃなくて、小麦粉アレルギーだそうですよ。

おそらく撮影ではグルテンフリーのお好み焼きを食べたんでしょう、おいしそうに食べていましたっけ(笑)

 

海老沢淳は罪滅ぼしのために医者になって、

水無月進は母親から逃れるためにカメラマンという職業についたわけですね。

 

母親が亡くなって親子が大阪の地で出会うことになるのです。

行く当てのない少女クロと関わることで、取り残された親子が思いなおして立ち直っていくのですね。

 

体を張って老齢の海老沢淳はクロを守ることで、ようやくクロも思い直すことができたのです。

街のゴロツキ二人と果敢にも闘うとはすごいですよね!さすがもと西部警察のリキ刑事ですからアクションシーンはお手の物です(笑)

 

一方水無月進は母親から逃げる理由がなくなって、ごまかすこともなくなったのでカメラマンをやめてしまうのですね。

それまでは、フラッシュバックで過去を思い出してしまい、家で毛布をかぶっておびえてしまうような青年でしたけれど・・・

ディーンフジオカのファンなら、萌えるシーンではなかったでしょうか!?

思わず母性本能が全開してしまった、とっておきのシーンの一つですね^^

 

親子二人は、家族離散してしまい、これまでは立ち直ることができなかったのです。

さらに母親が亡くなったことで、大切なものが二度と手の届かないところに行ってしまい、もう取り返しがつかないことを経験してしまったのですね。

 

スポンサードリンク


 

感動の結末はヤバい!?ディーンフジオカの涙の訳は?

水無月進は家庭環境のせいで人間不信に陥ってしまい、人物を撮影しないカメラマンでした。

母と自分を捨てて行方をくらませた父親を恨んできたのですね。

 

しかし大阪に来て、クロの面倒をみるNPO法人を運営する春日レイ子(キムラ緑子)に父親のことを聞かされてから一変しれしまうのですね。

春日レイコが海老沢淳が眠れないときにみているというビデオテープをわたされたのですね。

ビデオテープのラベルをみると「1986年」とあります。

家族三人で出かけたときを撮影したビデオで、若い頃の母親と幼少の水無月進が映っていたのですね。

 

そのビデオをみながら水無月進は涙をながしてしまいます。

父親から見捨てられたと思っていたけれど、片時も母と息子のことを忘れたことがなかった父親の愛情に気付いたシーンでありましたね!

 

春日レイ子はいいこと言ってましたっけ。

家族というのは支えにならなければ、足かせになっていっていまいます。

しかし他人だからできることもあるというのです。

 

春日レイコはバツイチで娘がいるけれど、たまにしか連絡がとれないといいます。

これまでの自分の人生を振り返り、自身が見出した答えが今のNPO法人で子供たちを支えてあげる仕事なのですね。

 

最後に水無月進は母親の遺言で海に散骨するために、晩年過ごした尾鷲市に父親を連れて行くのですね。

そこで母親は息子がカメラマンとして活躍していることを知り、新聞の切り抜きを丁寧に貼ってあるスクラップブックと写真集を見つけるのですね。

母親は決して息子を見捨ててなどいなくて、遠くにいる息子を想って身を案じていたことがわかります。

息子を想う母親の深い愛情があったことがわかったんですね。

 

さらに、母親はヘルパーとして働いていたそうで、母親に面倒をみてもらった老人の息子が絵を預かっていたのですね。

 

尾鷲市ではヘルパーとして働きながら、好きな絵を描いていたようです。

その作品を海老沢淳と水無月進は見て驚いたわけですね!!

 

その作品は、親子三人仲良く暮らしていた時代に渋谷のプラネタリウムで満点の星を眺めていた模様が描かれています。

絵画ではなく、細かくちぎった切り絵を張り合わせた美しい作品ですね!

 

母親の岸部由紀子は決して夫と息子を忘れてはいなかったのですね。

幸せだった親子三人で暮らしたときの思い出を一枚の絵に描いたのです。

 

水無月進は母親の気持ちを初めて知って、絵をみながら涙を流してしまいます。

親子三人は結局は離れて暮らしてしまいましたが、愛情は決して失われてはいなかったのですね。

 

今になっては遅すぎてしまうのですが、母が離れ離れになった親子を引き合わすことができたのです。

本当ならば生きていてほしかったですよね。もう遅いけれど、もう海老沢淳と水無月進は固い親子の絆で結ばれたことでしょうね。

 

岸部由紀子が住んでいた部屋から尾鷲市の美しい海の見える風景が素晴らしかったですね!

雑踏の街大阪では、倒れていても誰も声をかけてくれませんでしたが、

母親が暮らした尾鷲市の街は、心が洗われるような目の覚める風景でしたね!

 

まとめ

結局結末はというと、海老沢淳と水無月進は親子の絆を取り戻すことができたのですね。

海老沢淳は精神科医として夜回り先生の活動を続けていきます。

水無月進は東京にいるイラストレーターの恋人のもとにかえっていきます。

 

少女のクロは母親のもとから独立して、定時高校に通うことになったんですね!

友達にも囲まれて笑顔を取り戻すことができました。

 

クロは水無月進に、自分をモデルに撮ってほしいとお願いするのですね。

撮影した写真は、友達に囲まれて笑顔のクロなんですね!よかったですね。

 

そしてラストシーンは水無月進の自画像は圧巻ですね!

ドラマの冒頭では硬い表情でしたが、クロや海老沢淳に出会って心がだんだん紐解かれて、

最後はそれこそ満面の笑顔のショットで終わっていますよ!

 

1人の心に傷を負った青年がようやく立ち直った瞬間でしたね!!

 

 

親子の会話のなかで「これはバッドエンド(Bad End)ではない。」とありました。

ディーンフジオカ流に語るとカタカナ用語が多いのですが、あえてドラマに起用したのでしょうね(笑)

 

これまでの人生は決して恵まれてきてはいないけれど、多くの人と関わり合いをもつことで変えることができるんですね!

失ってきたものをこれから取り戻して、まっとうに生きていくことで「バッドエンド」にならないんですよね?

やはり「ネクストレベル」が大事なんでしょうか。

1時間あまりのドラマでしたが、とても胸に染み入るような素敵な話で感動できましたね。

 

 

ドラマをみて、家族っていうのは何物にも代えがたい大切なものなんだと思いました。

平凡な日常こそ「幸せ」なんだと気づかされたドラマでもあります。

これからはもっと子供に対して愛情を注いで、寂しい想いをさせないように努めたいと思いました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

ディーンフジオカ主演ドラマ「喧騒の街、静かな海」の関連記事はこちら▼

ディーンフジオカドラマ(NHK)!喧噪の街、静かな海のキャストは?

NHKドラマ 「喧噪の街、静かな海」の原作者や著書をチェック!

 

ディーンフジオカの両親の国籍や本名は?タトゥーは本物なの?

ディーンフジオカの父親は日本人・中国人どっち?母親や仕事を調査!

ディーンフジオカは台湾のドラマで人気爆発?出演作品や経歴を調査!

ディーンフジオカ出演の台湾ドラマ!王子様をオトせを調査!

藤岡麻美のチェキッ娘時代の画像を公開!現在台湾で活動中?

 

ディーンフジオカがはぴまりに出演!ドラマの視聴方法は?

はぴまりの漫画が無料で?試し読みの方法を解説!

 

スポンサードリンク


  • 喧騒の街、静かな海のネタバレ感想は?感動の結末はヤバい! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

マイプロフィール

IMG_3495

はじめまして!
しずといいます。


私は電車と動物が大好きな主婦で、
電車のイベントやペットショップによく行きます。

日頃気になることを日記に書いて行きます。
井戸端会議のようなネタや、
ヲタクな話題もありますが、
どうぞよろしくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

話題になっている記事はコレ!

レモン酢   iPhone7 予約(ドコモ) 入荷状況