蜂に刺されたら対処法や薬は?腫れたりかゆみの症状を調査!

この記事は5分で読めます

大まかに言うと

チェック


スポンサードリンク


蜂に刺されたときの対処法はどうする?

チェック蜂に刺されたら薬は何をつけるといいの?

チェック腫れたりかゆみの症状になるのは本当?

スポンサードリンク


 

蜂に刺されたときの対処法はどうする?

0-51

畑で草刈りをしていた時に、蜂に刺されてしまいました。

蜂の巣があったのでしょうか、枝切りばさみを入れたとたんなにか数匹の虫が舞い上がったんですね!

 

その虫が「蜂」と認識するのと同時に右手に激痛が走りました…

「ぎゃーっ!痛っ!」

すると蜂が目の前に数匹飛び交い、ちくっちくっと続けざまに刺されてしまいました。

さらに左ほお1匹止まったので、慌てて蜂を払いのけたものの激痛が走りました…

 

ここでようやく「逃げるが勝ち」という考えが頭をよぎり、裁ちばさみを放り捨てて畑から一目散で逃げたんですね。

 

どうやら蜂に何か所か刺されたみたいです。

黒いい作業用の布製の手袋の上から蜂は容赦なく攻撃されてしまいましたね。

刺されたところは痛みというか、まるで火傷を負ったような激痛が続きます…

 

「ううう・・・」

フラフラになりながら家に入って右手をみると、3か所刺し傷がありました。

蜂に刺された箇所がぷくっと盛り上がっており、少し出血も見られます。

蜂に刺されたら

手袋をしていたので肌が見えていたところを2か所、あとは中指の付け根の3か所を刺されましたね^^

蜂に刺されたら

ヒリヒリと刺された箇所が痛いので、水道水で洗い流しながらこの後の対象法を考えてみました。

 

手洗い

私が小学校2年生の時、朝礼で蜂が手のひらにとまったので、びっくりして握ってしまい刺されたことがありました。

すぐに保健室に行って手当をしてもらった時に、保健の先生にアンモニア水をつけてもらったことがありました。

 

手当をしてもらうと痛みと手の腫れが引いたので、アンモニアが効くものなんだと思い出したのですね。

しかし!家にアンモニア水なるものがおいておらず、薬箱をのぞいてみると虫刺されの時に塗る「キンカン」がありました!

 

キンカンはアンモニアが入っているので、すぐに蜂に刺された患部を塗ったくりました。

左頬も刺されてヒリヒリするので、一瞬ためらったものの痛さに勝てず頬にもキンカンを塗りましたね!

アンモニアの刺激臭と目がしみてきつかったのですが、痛みから避けられる思いで塗ったんですね、キンカン。

 

数回刺された箇所をキンカンで塗っているうちに、次第に痛みはひいてきたんです!

さすが!アンモニアは効くんだと感心してしまいましたね。

 

しかし痛みはひいたものの、刺された箇所がどんどん腫れてくるではないですか!?

蜂に刺された右手は腫れてしまいましたが、左ほおはなんともないんですね・・?

蜂に刺されてもびくともしないほど丈夫な私の面の皮。

喜んでいいものなのでしょうかね(笑)

 

 

蜂に刺されたら薬は何をつけるといいの?

021

このように、蜂にさされてしまい急きょ家にあったキンカンでその場をしのいだのですが、右手の腫れが一向に収まる気配がありません。

蜂というのが、小型だったのでおそらくミツバチではないかと思います。

畑を耕してくれる義理姉に知らせたところ、ゴキジェットを手にして事故現場に向かったのでした。

 

私に場所を確認するやいなや、義理姉はいきなり「シューーーッ!!」

とゴキジェットを草むらに噴射したのでありました。

するとなんと数十匹の蜂が湧き出して、ブンブン飛び回るではありませんか!

義理姉はひるむどころか再びシューッと噴射して応戦しています・・・

 

私は刺されたばかりの恐怖でその場を逃げてしまいましたが、あの勢いでは蜂の巣は壊滅したことでしょうね。

翌朝残党が家の玄関でよろよろ飛び回ってましたから。

 

さて、みつ蜂に刺された傷は何をつけたらいいのでしょうか?

刺されたのは休日だったので病院は休みだし、時刻は朝8時だったのでドラッグストアも開いてませんでした。

開店時間にすぐさまドラッグストアを訪ねて、薬剤師に蜂に刺されたことを話しました。

薬局

薬剤師はキンカンをつかったことは、アンモニアが含まれているので、キンカンでよかったといいます。

しかし蜂に刺されたときにアンモニアを塗るよりも「ステロイド」の入った軟膏が効くと教えてくれました。

すすめられるまま軟膏を買って帰り、さっそく患部に塗ったところ、蜂に刺されたところの腫れが引いてきましたね。

 

薬剤師に、刺された箇所はステロイド剤を塗って、患部を冷やすといいと教えられました。

 

そのあと落ち着いてから調べてみると、みつ蜂に刺されたら針が残っていないか調べた方がいいそうですね。

手で取らないでガムテープなどで貼りつけてはがすといいそうです。

 

蜂など毒虫に刺されたときに毒を吸い出すことができる、ポイズンリムーバーなるものがあるそうです。

これは毒を吸い出してくれて良さそうです!次に刺されたときに備えて用意しておいた方がよさそうです…

 

 

 

腫れたりかゆみの症状になるのは本当?

0-18

蜂に刺されても痛みが治まって、腫れも引いてきたのでこれで一件落着と思ったら、翌日大変なことになっていました。

朝目覚めると無性に右手がかゆくて、みてみると思い切り腫れているではないですか?!

蜂に刺されたら

なんだ腫れまくって、こぶしを握れないくらい腫れているし、ジンジンと痛痒いんですね。

もともと太めなんで腫れているかわかりにくいんですが、比べると若干ではありますが差が出ています。

 

蜂に刺されたら

めちゃめちゃかゆくてたまらないんですね・・!

これは医者に見せないとヤバそうだったんで、近所の皮膚科に行きました。

 

診察のときに、医者は難しい専門用語をつかうので、私には半分以上理解できなかったんですね…。

怖い先生なので聞き返すとさらに怖くなるので、ハイハイとうなずくだけなんですね(笑)

 

蜂に刺されたあとにアレルギーを起こしているので、飲み薬と塗り薬を処方してもらいました。

抗アレルギー薬のダイコートクリームを朝晩2回塗ります。

アレグラ錠

抗アレルギー薬のアレグラ錠60mgを1日2回飲みます。

 

かゆみがひどいときは患部を冷やすといいそうです。

蜂に刺されたら

 

ここまではいいのですが、2週間後にもう一度診せてほしいといわれました。

蜂に刺されると蜂の毒に含まれる酵素(ホスフォリパーゼ)に対して、体の中で抗体が作られるのだといいます。

これが俗に言われる「アナフィラキシーショック」の原因となるのだそうです。

 

なのでよく蜂に2回目に刺されるとアナフィラキシーショックを起こすというのはじつは違うのだと医者は話していました。

2回目だけでなく3回目、4回目と回数に関係なく、抗体ができるとアナフィラキシーショックはいつでも起きるといいます。

アナフィラキシーショックとは発症して短い時間(15分間)で全身にアレルギー症状が出る反応をいいます。

重症になると、血圧が下がり意識を失ったり、心停止となることもある危険な症状が起こることもあります。

 

ここまで聞いて、もしも私の体の中でハチ毒による抗体ができてしまい、次回蜂に刺された場合はアナフィラキシーショックを起こす可能性も無きにしも非ず・・と思うと怖いですね。

スポンサードリンク


 

まとめ

0-26

みつ蜂に刺された後、キンカンで痛みが治まったので、庭木の伐採を続けていたらなんと今度はアシナガ蜂が私に向かってきたんですね!?

みつ蜂に比べると体長は3㎝と大きいけれど、飛ぶ速度は遅いので走って逃げましたね!

そのとき履いていたサンダルが脱げても構わずはだしで後ずさりをして逃げたのですが、それはもう刺されたくない一心で必死でした(笑)

 

そんなアシナガ蜂に対抗してこんなものをみつけましたよ!

蜂に刺されたら

ミカンの木に漂うアシナガ蜂めがけて、マグナムジェットをひと吹きシューッ!!

アシナガ蜂もひるむことなくこちらに向かってくるけれど、何度かシュー攻撃をしていたら、ようやく観念してよそに飛んで行ってくれました(笑)

 

今回蜂に刺されれ身をもって学んだことは・・・

①蜂に刺されたらその場から逃げる

②刺されたら水道水できれいに洗い流す

③傷口を抗アレルギー薬軟膏を塗る

④腫れてきたら冷やすようにする

⑤速やかに皮膚科に診せる

 

これは蜂に刺されて3日後の右手の状態ですが、ハンドルが握れます。

蜂に刺されたら

げんこつを握ろうとすると、手が腫れているので痛んでつらいです。

腕を下げると血が下がるので手の先がジンジンします。

パソコンは打てるのかというと、指は二本あれば十分なので問題ありません(笑)

 

まだかゆみが残っており、刺された皮膚がガサガサになってしまいました。

まだ赤みが残っている部分に触れると熱を帯びていますから、炎症起こしているんですね!

 

しばらく症状は残ると思いますが、もっと早く対処していればこんなに悪化することはなかったと思います。

これに懲りて、畑仕事をするときは重装備でのぞみたいと思いました。

 

痛いのを我慢するよりも、かゆみを我慢するほうがかなりしんどいです。

蜂に刺されたら、蜂毒にたいして知識と対処法を知っていると知らないとでこんなに違うものなんだと、身をもって体験することができたので覚書としてブログに記しておこうと思いました。

 

夏場は特に蜂の活動は活発になり、刺される機会が多くなるといいますので、あなたも「たかが蜂だから」と侮らずに対処するようにしていただけたらと思います^^

あ~やんなっちゃうな・・・

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マイプロフィール

IMG_3495

はじめまして!
しずといいます。


私は電車と動物が大好きな主婦で、
電車のイベントやペットショップによく行きます。

日頃気になることを日記に書いて行きます。
井戸端会議のようなネタや、
ヲタクな話題もありますが、
どうぞよろしくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

話題になっている記事はコレ!

レモン酢   iPhone7 予約(ドコモ) 入荷状況