有馬稲子は現在ケア付きマンション暮らしなの?経歴を調査!

この記事は3分で読めます

昭和の名女優として有馬稲子があげられますね。

現在はケア付きマンションで

シニアライフを優雅に満喫しているとか。

なのでどんな暮らしをされているのでしょうか?

また経歴についても調査してみたいと思います。

スポンサードリンク


有馬稲子は現在ケア付きマンション暮らしなの?

有馬稲子は、黒柳徹子の徹子の部屋に出演したときに、

ケア付きマンションで暮らしていることをあかしました。

約400世帯もある住人とともに暮らして、

これまでとは違う生活を楽しんでいるといいます。

有馬稲子
(画像引用:http://www.daily.co.jp/)

まず有馬稲子のプロフィールをみると・・・

1932年4月3日生まれの83歳です。

血液型はA型ですね。

宝塚歌劇団出身の方です。

家庭の事情で養母の中西かねに育てられるのですが、

この養母も宝塚歌劇団出身だったといいます。

 

東京のマンションから横浜市にあるケア付きマンションに

現在は移リ住んでいるといいます。

試しにイメージするならこんな感じでしょうか?

ライフケアマンション


スポンサードリンク


(画像引用:http://suumo.jp/library/)

横浜の都筑あたりと噂されており、

おそらくですが中銀のライフケアマンションではと思われます。

 

都筑区なら横浜市営地下鉄を利用できるので

交通の便ののいいところですね。

東急とか横浜ららぽーとも近くにあり、

買い物も便利です。

 

このようなケア付きマンションは、

介護がいらない方が入居する、

シニア向け分譲マンションですね、

分譲型なので固定資産税もかかります。

 

年齢は55歳以上、場所によって65歳以上の制限がありますが、

特養ホームなどの有用老人ホームを探している方には

向いているマンションと思います。

そこで気になるのが価格なのですよね!

 

 

横浜の物件ならたとえばですが・・・

1LDKで昭和63年建築の物件で

およそ43㎡で920万円。

 

その他月額利用料が約11万円で内訳は、

食費や光熱費、管理費などですね。

消費税込みの価格ではありますが・・・

 

有馬稲子のように終の棲家にと、

現在の住まいから移り住めたらいいですね!

 

しかしこのマンションが設備も豪華なんですね!

フロントやロビーがあってまるでホテルのような佇まいですね。

また温泉気分が味わえる大浴場があり

食事も三食サービスとなります。

また居住者の健康を預かるために

24時間看護婦もいるというので高齢者にとって安心ですよね!

 

もしも介助が必要になったときは

有料ですが介助サービスのサポートもあるといいます。

 

陶芸室やホビー室、図書館やオーディオルームと

まさにいたれりつくせりという夢の様な施設なんです。

 

私も将来優雅な老後を迎えるなら

こういうケア付きマンションに

ぜひとも入りたくなりましたが、

庶民には高嶺の花ですよね・・・

スポンサードリンク


有馬稲子の経歴を調査!

有馬稲子

(画像引用:http://www.skystage.net/)

有馬稲子の若い頃の画像をみると、

絶世の美女なのですね!

流石ですね!第二の原節子と言われただけある

美貌と風格を備えておられます。

 

若尾文子(左)と有馬稲子が並んでも映えますね!

有馬稲子

顔が小さくてスタイルもいいですね!

(http://www2.rocketbbs.com/)

 

1946年に宝塚歌劇団に入団します。

 

タカラジェンヌは宝塚音楽学校を卒業すると同時に

宝塚歌劇団に入学をして主演娘役を務めるなど活躍をします。

1951年に「宝塚婦人」で東宝映画にデビューをします。

その2年後に宝塚歌劇団を対談するのですね。

 

タカラジェンヌでは男役を演じたことから

映画に興味を持つきっかけとなったようですね。

華麗は男装をまとうよりも、映画のヒロインを選んだのですね!

ところが東宝で演じる役に不満をもつようになり、

「ゴテネコ」というアダ名をつけられたといいます。

有馬稲子

(画像引用:http://www2.rocketbbs.com/6)

左の男性は佐田啓二で、1955年花嫁はどこにいるに出演しています。

子供は中井貴恵と中井貴一です、だんだん父親に似てきましたね!

 

1960年波の塔

その後、1961年文芸プロダクション

「にんじんくらぶ」を結成してから、

作品を厳選して出演をするようになりましたね。

はだかっこ

宝塚歌劇以外に舞台にも出演をしていますね。

わが愛

 

昭和30年代では松竹の看板女優として

名が通るようになりましたね。

1965年無法松の一生では

勝新太郎と共演しています。

 

1965年に自伝を出版していますね。

こうしてみると数々の映画やテレビドラマに出演しており、
ほんの一部しか紹介できませんでしたね。

自伝書やこれまで徹子の部屋などのトーク番組をみても、
素直な裏表のない性格が好感持たれる方ですね。

まだまだお元気で、現役で女優生活も
送って欲しい女性ですね。

 

その他こんな記事が読まれています▼

やすらぎの郷の放送期間はいつまで?再放送やナレーターは誰か調査!

有馬稲子の年齢や身長・体重は?子供や2番目の夫を調査!

スマステ4月22日のchange内容は何?ゲストは中居?改変や最終回を調査!

サタデーステーションにディーンフジオカ!4月なんにち(いつ)から?

ネコ編集長(NHK)はブリティッシュショートヘア!性別や事務所を調査!

 

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マイプロフィール

IMG_3495

はじめまして!
しずといいます。


私は電車と動物が大好きな主婦で、
電車のイベントやペットショップによく行きます。

日頃気になることを日記に書いて行きます。
井戸端会議のようなネタや、
ヲタクな話題もありますが、
どうぞよろしくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

話題になっている記事はコレ!

レモン酢   iPhone7 予約(ドコモ) 入荷状況