東京五輪新エンブレム作者は野老朝雄!経歴や出身大学を調査!

この記事は4分で読めます

東京五輪新エンブレムが

A案の組市松紋(くみいちまつもん)に決定しましたね!

エンブレムの作者は建築やデザインで活躍する

野老朝雄(ところあさお)氏です。

作者はどんな人なのか調査してみようと思います。

スポンサードリンク


 

東京五輪新エンブレム作者は野老朝雄氏(ところあさお)!

東京五輪エンブレム 野老朝雄

(画像引用:http://www.aoyama5.com/jp/design.html)
(トップ画像引用:http://mainichi.jp/articles/20160425/k00/00e/040/211000c)

東京新エンブレムがいよいよ決定しましたね!

 

東京五輪エンブレム候補作品


スポンサードリンク


(画像引用:http://www.asahi.com/special/timeline/tokyo2020emblem/)

4つの作品の中から4月25日午後3時半頃に

A案に決定したと発表がありましたね!

A案 は、組市松紋(くみいちまつもん)です。

作者はアートディレクターの野老朝雄(ところあさお)氏です。

 

前回の東京五輪エンブレムの応募とは違い、

一般酵母として14599作品の中から、

最終候補4作品から選び出した作品ですね!

 

審査委員はデザイン専門家だけでなく、

経済界やスポーツ界からも選出された21名による

投票を行い過半数の13票を獲得したのが

Aの作品です。

 

ちなみにAが13票、Bが1票、CDが2票、Dが5票投じられていました。

満場一致でAの組市松紋(くみいちまつもん)が

選ばれたのですね!!

 

 

A案のエンブレム「組市松紋」は、

日本の伝統色である藍色を用いて、

形の異なる四角形を三種類組み合わせて

「多様性」と「調和」を表現しています。

 

A案の東京五輪の方のデザインは

よく見ると左右対称ではないんですね!

パラリンピックは左右対称にみえるようです。

 

この組市松紋は、

江戸時代の人気歌舞伎役者の

佐野川市松から由来しているそうです。

人気歌舞伎役者の衣装の襟元の

紋様が市松模様となったのですね。

 

当時歌舞伎役者はファッショナブルな歌舞伎衣装を身にまとっており、

流行ファッションを発信していたのですね。

人気歌舞伎役者のうちわを作って、

歌舞伎ファンがうちわを買い求めたとかテレビで見ましたよ。

まるでジャニーズなどのアイドルコンサートみたいで、

お気に入りのアイドル歌手のうちわなどグッズを買い求める

ファンと同じですよね!

 

話は脱線してしまいましたが、

江戸時代の歌舞伎役者の衣装は、

大変ファッショナブルだったということなんですね。

 

 

実際にニュースでA案が決まったと

町の人の意見を聞いていると、

「シンプルだ。」、「粋を感じる。」という意見や、

「華やかさに欠ける。」という意見もありましたね。

外国人にはやはり地味に感じるようで、

カーレースに使われるフラッグに似ているという意見もありました。

 

エンブレム作者の野老朝雄氏は、

伝統ある日本の江戸小紋と

藍色の単色でエンブレムをデザインしたのですね!

また、夏に開催される大会なので、

見た目が涼し気な方がいいということで、

藍色にしたといいます。

 

 

4作品については、

これまで登録商標がないか調査してきたといい、

1作品になんと2000万円もの調査費がかかっているといいます!

しめて4作品×2000万円=8000万円です。

 

A案に選ばれた野老朝雄氏には、

賞金100万円が授与されるといいます。

残りの3作品については「佳作」となるそうです。

スポンサードリンク


 

経歴や出身大学を調査!

まずは野老朝雄氏についてプロフィールを調査すると・・・

1969年生まれで東京在住です。

 

1992年東京造形大学卒業

建築科を専攻していました。

2003年武蔵野美大非常勤講師。

 

野老朝雄氏のデザインするコンセプトは、

「繋げる」をテーマに単純な原理に基づいて、

定規やコンパスで再現可能な紋と紋様を製作しています。

 

建築家やデザイナーとの協働で多くのプロジェクトに参加しています。

 

野老朝雄の代表作品として、

名古屋駅前にそびえる昨年完成した

大名古屋ビルヂングがあります。

大名古屋ビルヂング

(画像引用:http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/nagoya/na-174dai.htm)

野老朝雄氏が担当したのは、

下層階にある外装部分のガラスの壁面をデザインしています。

デザインが幾何学模様になっていましたね。

(大名古屋ビルヂング下層部ファサードガラスパターン)

 

京橋 香水亭

(画像引用:http://restaurant.ikyu.com/105431/)

東京京橋にある料亭「香水亭」の

のれんの四角い幾何学模様デザインを手がけています。

 

他にも、

2005年、愛知万博トヨタグループパビリオンVI担当

2008年、ブリーゼタワーB1エントランス床面作品

大阪西梅田にあるビルの地下通路の床は、

水の連なりをイメージしてデザインをしています。

ブリーゼタワー 地下連絡通路

(画像引用:http://www.townart.co.jp/project/redevelopment/breeze_tower.html)

2013年、110ビル地下エントラン壁面作品

2014年、敦賀オルパーク サインデザイン

など多数建築デザインを手がけています。

 

建築デザインのほかにも、

BAOBAO ISSEY MIYAKEのバッグ

【TOKOLO PATTERN】を手がけていますね。

BAOBAO ISSEY MIYAKE  バッグ 

 

野老朝雄の出身大学は東京造形大学です。

出身者には機動戦士ガンダムのメカニックデザイナーの

大河原邦男、

ミュージシャンの草野マサムネ (スピッツ/ボーカル・ギター)、

新世紀エヴァンゲリオンの作者貞本義一、

ポケモンシリーズなどの脚本家の米村正二など

多数出身者がいますね。

 

 

JR横浜線相原駅よりスクールバスで5分かかります。

 

東京造形大学は私はン十年前に

大学受験したことがあります。

 

すごい山の中という印象がありまして(失礼)、

受験の時は画材の大荷物だったので、

昔は高尾駅からバスに乗って、

山にハイキングに行くような感覚でしたね。

 

 

 

 まとめ

五輪エンブレムがA案に決まって、

地域の方々は悲喜こもごもだと言われています。

 

というのも、ニュースでみたのですが、

D案の朝顔をモチーフにしたエンブレムを推していた

東京台東区で行わる入谷朝顔市の

園芸家の方はとても残念そうにみえました。

 

園芸業が不況なので、

D案になれば朝顔が注目されることになると

期待をしていたといいます。

 

また新潟県新発田市ではお盆に

ぼんぼりを飾る風習があるといいます。

 

そのぼんぼりの形がD案のエンブレムに

似ているので選ばれることを

期待していたようですね。

 

エンブレムはA案に決まりましたが、

エンブレムの形状はなんにせよ、

2020年に向けて一大イベントが

日本の経済に貢献できることは確かではないでしょうか。

 

国民皆が力を合わせて2020年の五輪開催に向けて

良い方向に進むことを願っております。

 

2020年の五輪開会式はぜひとも、

行ってみたいものですね!

東京五輪に関する情報を

引き続き集めていきたいと思います。

 

東京五輪の関連記事はこちらです▼

五輪新エンブレムデザイン(野老朝雄)の選考理由や裏話を公開!

東京五輪公式グッズの風呂敷(スカーフ)の購入方法と価格を調査!

 

その他にもこんな記事も読まれています▼

九州新幹線全線開業のCMは泣ける?曲やメイキング裏話を調査!

エコノミークラス症候群は車中泊が原因?症状や予防・対策を調査!

iPhone7のホームボタンをカスタマイズ!カタカタさせない設定方法!

 

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マイプロフィール

IMG_3495

はじめまして!
しずといいます。


私は電車と動物が大好きな主婦で、
電車のイベントやペットショップによく行きます。

日頃気になることを日記に書いて行きます。
井戸端会議のようなネタや、
ヲタクな話題もありますが、
どうぞよろしくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

話題になっている記事はコレ!

レモン酢   iPhone7 予約(ドコモ) 入荷状況