デアゴスティーニJAL旅客機の総額や創刊号は?発売日や評判を調査!

模型パーツ付きマガジンの「デアゴスティーニ」の新商品は「隔週刊 JAL旅客機コレクション」ですね!

JALの歴代飛行機がダイキャストモデル(合金製の模型)となって勢ぞろいしますよ!

そこで「JAL旅客機」の気になるのは、最終号までを定期購読をしたときの総額やないようについて、さらに創刊号の内容や価格、発売日などを詳しくチェックして見ようと思います。

それでは〜羽田空港へ出発進行?!

スポンサーリンク


デアゴスティーニJAL旅客機創刊号についてや発売日はいつ?

デアゴスティー二から「JAL旅客機」が発売されますね!

創刊号「JAL旅客機」の発売日:2019年9月10日火曜日

価格:990円(税込)

隔週刊 JAL旅客機コレクションでは、創設から現在までの人気機体をダイキャストモデルで揃えることができます。

またJALの旅客機だけでなくて、JALグループ会社の人気機種からもラインアップされますよ。

おそらくエアバス(Airbus)やボーイング( Boeing)、プロペア機ボンバルディア(Bombardier)などがそろうとうれしいところです♪

JAL旅客機の付属モデルは、完成品として手に入れることができますヨ。

気になるのは歴代JAL機のラインナップですが、資料がないものは他社の同機種近い画像ですので、イメージとして捉えられてくださいませ(汗)

■1950年代 Douglas DC-4

Douglas DC-6B

■1960年代 NAMC YS-11

Douglas DC-8-32

■1970年代 BOEING 747-100

Douglas DC-10-40

■1980年代 BOEING 767-200

BOEING 747-300

 

■1990年代 Mcdonell Douglas MD-11

BOEING 747-400

BOEING 777-200

■2000年代 BOEING 777-300ER

■2010年代 BOEING 787-9

AIRBUS A350-900

デアゴスティーニのJAL旅客機の完成モデルのラインアップはまだ情報がでてないのですが、どのくらいの仕上がりで発売されるのか気になりますね。

 

スポンサーリンク


デアゴスティーニJAL旅客機の総額や何号まであるの?

それでは、もしもJAL旅客機を全巻を定期購読したら、最終号は何号まであるのでしょうか?

最終号は80号までです。

総額はいくらになるのか気になりますよね?

初回が990円(税込)で、第2号から通常価格2,760円(税別)でトータルすると・・・

えっと、10月から消費税が10%に上がるんでしたっけ!?ということは・・・

第2号から最終号の80号までが、239,844円になるので、

総額240,834円(税込み)です。

デアゴの定期購読は

JAL旅客機を全80機そろえると、およそ24万円かかるのですね。

さらに、創刊号を買ってから最終号が手に入るのはいつになるのかというと、

2021年(令和3年)3月23日火曜日が最終号になります。

令和3年だともうオリンピックも終わった後の年ですね、気の長い話になります(笑)

 

そういえば、今ウチの息子がせっせと作っているのは、アシェットの宇宙戦艦ヤマト2202というシリーズなんですが、完成すると1メートル近くもあるダイキャストモデルですね(笑)

これはアシェットの定期購読ですが、毎月まとまって届くから作りがいがあります、最終号まで110号あるらしいのですがまだ30号ですから(笑)

しかも、こいつは場所を食うので制作するにも苦労しているようですね(汗)

でも、JAL旅客機は「完成品」のダイキャストモデルが届くので、自分で作る手間がありませんね(自分で作った方が楽しみな方もいらっしゃいますが。)

 

ちなみに、JAL旅客機の創刊号の付属モデルは、「BOEING 787-9」です。1/400、156.6×153.5×42.3mm、重量は約150gとコンパクトな大きさのモデルですね!

JAL機の写真が手元になかったので、↓はANA製の787型機ですが、やっぱり本物の飛行機の方が迫力があっていいですよね!以前に羽田空港で撮ったものです。

ですが、そうそう本物の飛行機はいつも見ることができないので、JAL旅客機のコレクションを部屋に飾って楽しめたらいいですよね!

 >>隔週刊 JAL旅客機コレクション


デアゴスティーニ

 

デアゴスティーニJAL旅客機の評判を調査!

それでは、JAL旅客機の評判についてですが、まだこの記事を書いている頃は、まだ発売がされていません。

ですが、去年静岡で試験販売をしていたそうですが、全国版が出る前にネットに上がっていた声を拾ってみましたよ。

「マニア向け本出すのか… しかしJAS機は欲しいなと思ってしまった。」

「11月発売予定のJAS A300-600Rは欲しいな。 日本エアシステムのB777ことレインボーセブンも欠かせない。」

「JASのレインボーセブンがいる! これは買わなくちゃ!」

「静岡で試験販売されてたときは買いに出向いたぐらい楽しみだった。」

 

飛行機のマニアの方でしたら欲しくなるコレクションアイテムですよね!

 

「薄い財布がさらに薄くなりそう…」

やはり定期購読をすると、2年以上支払いがくるので覚悟が必要になりますね。(通常価格2,760円(税別)の2号分5,320円(税別)を支払うことに…)

 

「どこに置くのよ、、と思いながらもマジ欲しいと思う私もいる。」

「全80号とか絶対置く場所ないや。」

全80機種が揃うとなると、保管焼かざる場所を確保しなければならないので、ますます現実味が増してきます。

 

「飛行機ついてくるの???買おうかな?すごく欲しい。」

「現在、どうするか会議中。」

「創刊号と第4号は、購入決定だな。」

「創刊号だけ買ってみようかな。」

「欲しいけどコンプリートは無理〜厳選して何回かだけ買っちゃいそう!」

「全部集めるのではなく、想い入れのある機材を複数買って空港ジオラマを作りたい。」

発売を前にして、気持ちがめっちゃ揺れているのがわかります(笑)

私なら、全部はさすがに無理なので、欲しい機種だけネットで買って見ようと思います。

Amazonでお申し込みはこちら↓

JAL旅客機コレクション 創刊号 (BOEING 787-9) [分冊百科] (モデル付)

 

デアゴスティーニ「週刊ゴジラをつくる」

>>週刊 ゴジラをつくる

 

デアゴスティーニJAL旅客機の定期購読の特典「JAL工場見学」とは?

デアゴスティーニの隔週刊JAL旅客機コレクションは、どんな特典があるのでしょうか?

①2019年11月4日まで Web限定でA350Aのクリアファイルをプレゼント

②2020年5月末まで 読者全員プレゼントとして滑走路ジオラマセットがもらえます(第1号から第15号までに継続で)

創刊号をお試し購入すると、9月30日㈪まで送料無料キャンペーンを実施中です。

③2019年9月10日㈫までに、Webから定期購読をすると、抽選でJAL工場見学に行かれる特典があるそうです。

場所は羽田空港JALメンテナンスセンターですね、前に見に行ったことがあるのですが、見ごたえがあって面白いところでしたヨ!

JAL工場見学に行ったときの模様です。

飛行機のコックピットのモデルも実際に見ることができますヨ。

↓コックピットが切り取られてますね(笑)

↓JALの客室乗務員の歴代ユニフォームが飾られていました。

女性のあこがれの職業ですよね!

JAL旅客機の格納庫の見学も行います、見学に行ったときは旅客機が数機入っていたので見ごたえがありましたね!

普段は旅客機のそばでは見られないエンジンやタイヤも近くで見ることができます。

見学するときは旅客機の羽の下を歩いてはいけないなど、細かいルールが有りましたね。

巨大な飛行機が格納庫に入って点検作業をしていました。

エンジン部分は中の部分がむき出しの状況になっていましたね。

巨大な飛行機が、すっぽり入ってしまう格納庫の大きさは半端ないですね!

JALの旅客機を真正面から見たところですが、なかなかこのようなショットは見れないので貴重でした。

頭の部分だけ保存されている、DC-8-32型機の初号機「富士号」が大事に保管されていました。

JAL工場見学は30分程度ですが、格納庫を角から歩着まわるため、結構たいへんでしたね。

普段見られないアングルから、JAL飛行機を見られるので貴重な体験ができました。

JAL工場見学は、デアゴスティーニの抽選応募ですが、貸し切りのツアーになるそうです。

もしも抽選に外れても、JAL工場見学は一般のWeb申込みがあります。

JAL工場見学のお申込み↓(無料)

https://www.jal.co.jp/kengaku/application/

ANAの期待工場見学も行ったことがありますが、JALの方が圧倒されましたね。

スポンサーリンク


まとめてみると

↑成田空港で偶然見かけたフライングホヌA380型機です。そらとぶカメとは可愛いデザインですね!

こうして調べてみると、旅客機は面白いですね!

デアゴスティーニのJAL旅客機コレクションは、興味深いラインナップですね。

定期購読するとなると保管場所を作らないと、飾る場所もないですね。

私の場合は欲しい号だけつまみ食いをしてマイ・コレクションにしようかと思います(笑)

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

>>隔週刊JAL旅客機コレクション

デアゴスティーニ

 

デアゴスティーニゴジラの総額や定価は?定期購読や送料を調査!

ANA機体工場見学2019で羽田へ行ってきた!感想やグッズについて!

宇宙戦艦ヤマト2202アシェット全巻の値段は?定期購読の期間や解約方法を調査!

総火演2018年に行ってきた(前編)!シート席の場所取り合戦や持ち物は?

総火演2018年に行ってきた(後編)!演習や帰りのバスの待ち時間は?

東京モーターショー2017トヨタ車をレポ!コンセプトカーやVR体験は?

ダイバーシティガンダムショップのレポ&感想は?限定ガンプラを調査!

国際鉄道模型コンベンション2019のレポ&感想!混雑具合や会場の様子は?

 

スポンサーリンク


2 COMMENTS

ちー

こんにちは。飛行機まで守備範囲とは!さすがしず様。前の部署の派遣さんに飛行機好きがいました。
専門誌を読んで機種やら墜落事故とかすごオタクでした。専門的知識がすごくて、好きであることは
すごいなと思いました。
>欲しい号だけつまみ食いをしてマイ・コレクションにしようかと思います
それがベストかもですね。完成品がUpされるのをお待ちしております。
今日も力作レポをありがとうございました。

返信する
kiyosuke

ちー様、こんにちは!コメントを頂きましてありがとうございます!
飛行機は羽を取ったら新幹線に似ているので、わりと好きです(笑)
高いところは好きではないので、飛行機に乗ることはないと思いますが、
飛行場に見に行くのは好きですね!
ジェットエンジンの音を聞くとテンションが上ります。
展望デッキのフェンスにある、小さなのぞき窓からのぞき見ていたので、腰が痛くなってしまいました(笑)
隣のお兄さんたちは飛行機マニアの方のようで、専門用語が飛び交っていましたね。
デアゴスティーニの新企画については、飛行機好きな方にはたまらないコレクションになると思います。
私はというと…JALではないですが、ANAのカメの絵は描かれた旅客機の模型が欲しいです(汗)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください