ディーンフジオカの東京ライブ2019に参加!感想やレポートを紹介!

ディーンフジオカのライブ「DEAN FUJIOKA 1st Asia Tour 2019 “Born To Make History”」東京公演(NHKホール・2019年3月30日㈯)に参加をしてきましたヨ☆

そこで、ライブ会場で繰り広げられた詳細なレポートと、ファンクラブ会員としてガチな感想なども書いております。

また、日本公演が終わっちゃったので、「ライブロス」を乗り越える方法もお伝えできればと思います。

それではNHKホールに向けてGO!!

スポンサーリンク


ディーンフジオカの東京ライブ2019に参加!感想やレポートを紹介!

いえね、ディーンフジオカの日本公演がとうとう終わってしまったものだから、すっかり気が抜けてしまい、ブログ更新すら遅くなってしまいました…。

ですが最後の気力をふりしぼって、東京公演千秋楽のライブレポート&感想をお話させていただきますので、しばらくお付き合いくださいませ。

ディーンのライブは国内の、広島→札幌→東京(最後)の公演にいったのですが、土曜日狙いでチケットが取れたのでラッキーでした。

 

ディーンのライブは日本公演のあとにアジアツアー(シャンハイ・ホンコン・タイワン)と続きますが、渡しの場合は線路のあるところまでしか行かれないです(笑)

そこで、日本最後の公演を観に行ってきましたよ!千秋楽の東京ライブ会場は、NHKホールになります。

NHKホールといいますと、年末恒例の音楽番組「NHK紅白歌合戦」の会場なので、ご存知のかたも多いと思います。

ディーンフジオカにとって、あのNHKホールでワンマンライブを行うことは初めてのことですね!

NHKといえば、朝ドラ「あさが来た」で「五代様」ブームとなった張本人ですからね、視聴率は相当な貢献をしたのでワンマンショーが実現できたのは言うまでないでしょうか。

 

ライブ公演の当日朝にテレビを観ていたら、NHKで「朝ドラ100作ファン感謝祭」という番組をやってましたね。

朝ドラの歴代名シーンのランキングでは、「あさが来た」のディーン&五代ロスが、歴代では9位に入っておりました。

肝心の出演シーンは放送時間がなくなったという理由で、夕方から「朝ドラ100作ファン感謝祭 ドラマを彩るイイ男スペシャル」で放送するとかいってたのですが、ライブに行くので見れないじゃん!

録画してあるのであとで見ることにして、千秋楽のライブをみるために、NHKホール目指して行ってみましたヨ!

 

どうでもいいのですが、今回私の師匠(↓)は鉄道模型の運転会に行くっていうので、千秋楽のライブはボッチ参加ですね(笑)

ということで、代々木公園に向けて出発進行ッ!!

あれ?途中で乗り換えなければならないので、久しぶりに急行に乗ります!

NHKホールまでの行き方ですが、最寄り駅だとJR原宿駅とか渋谷駅からも歩いていけるんですけどね、

週末の土曜日だし混雑していそうだったから、千代田線の代々木公園から歩いていくことにしました。

ディーンフジオカの東京公演のライブ会場[NHKホール]に行ってみた!

地下鉄千代田線の代々木公園駅を出ると、頭上には満開の桜が咲いていましたよ。

東京はもうソメイヨシノが、満開の時期を迎えていたのですね。

スマホの地図アプリを頼りに、目的地のNHKホールを目指していきます。

地下鉄出口の交差点から坂道を登っていけば、代々木公園の入り口があるはずですね。

日頃の運動不足がたたっているので、普段から体力つくりをしておかないとボロが出てしまいます…

前方に見えるビルが、NHKホールのあるところでしょうか?

ビルの上に巨大なパラボラがいっぱいついているので、この方向で間違いなさそうですね。

この日は桜は満開を迎えていて、会場まで歩きながら花見をしていきました。

見事に咲いているので、しばし足を止めて花見をして…じつは坂道を上ってきたので息が切れてしまい休憩していたのでした(笑)

 

ソメイヨシノは花びらの中心が赤く色づいてくると、3〜4日で花びらが散ってしまういうので、そろそろ満開の桜は見納めになるのでしょうか。

ディーンフジオカの日本公演は、この桜の花と同じくいよいよ見納めになってしまうのですね…。

さて代々木公園では、若者たちがバスケットボールなどのスポーツを楽しんでいたり、花見をしている家族連れなどでとても賑わっていました。

見事な満開の桜の花をチョロ見をしながら、ライブ会場に足をすすめていきます。

NHKホールの建物の裏手には、コインロッカーがあるのですね。

ライブのために遠方からきたであろうお客さんが、スーツケースなどの荷物を預けてる姿もありましたね。

ライブ会場では座席の下に、上着やバッグを置いているとあまりスペースがないので、コインロッカーがあると重宝しますよね。

ようやくNHKホールの前に到着しましたが、すでに大勢の女性客が集まっていましたよ。

NHKホールでもディーン様の歌声が聴くことができるので、ワクワクしてきましたね!

NHKホールは一度中に入ったら再入場ができないみたいなので、とりあえず周辺を調査してみます。

今回のライブ公演では各地の公演会場に、ディーンフジオカの直筆メッセージが公開されています。

チケットを持っていない人にも表から見ることができたみたいですが、私が見に行ったときは目の前で締め切られてしまいました!?

あとは入場してからでないと、直筆メッセージは見れないのですが、すでに入場待ちの行列ができているではありませんか!?

このとき確か午後4時半過ぎてましたね。

せっかくNHKに来たのですから、放送センターの方へも足を伸ばしてみましたよ!

 

NHKホールの周辺も調査!

スタジオパークのあるNHK放送センターの建物の横には、NHKのキャラクター「どーもくん」が立ってましたよ!

どーもくん…、じつは意外とデカいのよ(笑)

 

建物の壁面に、キャラクターのオブジェも飾られてましたね。

これって、Eテレ「おかあさんといっしょ」に出てくるキャラクター「ガラピコぷ~」ですね。

歴代のキャラクターのパネルもあったので、懐かしそうに見ているお客さんが大勢いましたよ。

私は「ひょっこりひょうたん島」を見ていた世代なのですが、ガチで見ていたのは「ママとあそぼう!ピンポンパン」の方です(笑)

私の子供たちの時代になると、ざわざわ森のがんこちゃん、いないないばぁっ!のワンワン、全身タイツ姿のストレッチマンとか思い出すととても懐かしいです。

ワンワンはまだ現役で続いているキャラクターなので、20年以上になるでしょうか、すごいですよね〜!?

この日最終回を迎えた、朝ドラ「まんぷく」のポスターもありましたよ!

毎朝、ふくちゃんの笑顔にも癒やされましたね!

この日のスタジオパークは、無料公開デーだったのでした。

通常入場料金が200円なので、ラッキーでした♪

本当はもっと時間をかけてゆっくりしかったのですが、ライブ公演まであまり時間なくてササッと見ただけです(笑)

スタジオパーク内では、実際に使われているスタジオを見学することができます。

そういえばうちの長男くんが小学生のときに遠足でNHKの見学に行ったのですが、スタジオパークからの生放送で、小学校の子供たちや先生がテレビに映っていたので驚いたこともありました。

パーク内では、ちびっこたちが遊べるコーナーもあるのですね!

しかしここで油を売っていると

「ボーッと生きてんじゃねーよッ!」

とチコちゃんに叱られそうなので、急いでNHKホールに戻ります(笑)

 

ライブ前のNHKホールのフロアの様子をチェック!

NHK放送センターはまた機会があったらゆっくり見ることにして、NHKホールの方に再び戻ってみました。

午後5時過ぎのNHKホール前入り口付近の様子です。

入場口でチケットを見せて、ホールの中に入るのですね。

階段を降りていくと、1階席に行くことができます。

NHKホールの会場は3階席まであって、3800人の座席数があるホールになります。

ホールに入場すると、スタンド花が沢山飾られていて、花の写メを撮るお客さんが大勢いましたよ!

東京会場は、スタンドの花の数は私がこれまで見たなかでは最多の数が飾られていました。

↓こちらは、お笑い芸人の永野から贈られたお花ですね。

永野は、「ラッセンが好き〜!」というネタのピン芸人ですね。

ディーンと永野はどんなつながりがあったのかなと調べたら、映画「空飛ぶタイヤ」の宣伝のために日テレ「PON!」に一緒に出演したことがあるそうです。

ディーンは、永野のテンション高めなギャグには、どうやらついていけなかったみたいです(笑)

↓こちら、同映画に主演したTOKIO長瀬智也から贈られたお花ですね。

映画ではトラック運送会社の熱血社長を演じており、スーパー・エリートサラリーマンのディーンとの対決が見ものでした!

ディーンが出演した映画「空飛ぶタイヤ」の関連記事はこちらです。

ディーンフジオカ出演の映画空飛ぶタイヤのネタバレ感想と考察は?

 

↓女優・最上もがからのお花です。

今回のライブで新海さんが出現して大変話題になりましたが、ディーンの楽曲「Echo」のプロモーションビデオに最上もがが共演しています。

プロモーションビデオ「Echo」は、彼女の圧巻のダンスパフォーマンスが見ることができます。

最上もがの迫真のパフォーマンス動画は↓こちらからチェックできます。

ディーンフジオカ新曲Echoの動画について!踊る女性最上もがを調査!

 

女優の山本美月と、松下奈緒から贈られたお花です。

山本美月はディーン主演ドラマ「モンテ・クリスト伯」では恋人役を、

「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」では最愛の我が子を託す母親役としてディーンと共演しています。

そういえば、ディーンのドラマ「レ・ミゼラブル」に出てきたあるシーンが大変気になったので、じつは長野まで行ってロケ地を調査をしてきたので、こちらも後ほどお話させていただきます(笑)

ディーンの主演ドラマ「モンテ・クリスト伯」の関連記事はこちらです。

ディーンフジオカ主演のモンテクリスト伯!キャストや相関図を調査!

 

一方、松下奈緒は、日テレドラマ「今からあなたを脅迫します」で、ディーン(千川完二役)のかつての恋人役を演じていましたね。

ディーンの主演ドラマ「今からあなたを脅迫します」の関連記事はこちらです。

今からあなたを脅迫します!DVD予約や発売日!最終回感想や続編を調査!

 

女優の萬田久子から贈られたお花です。

真紅のバラは、ロマンチックですよね!私もバラの花束をもらってみたいものです(笑)

ディーンが主演した映画「結婚」で、萬田久子は共演していました。

もしも私がセレブになったとしても、ディーン様は恐れ多くてお側には寄れない(笑)

ディーンの主演映画「結婚」の関連記事はこちらです。

ディーンフジオカ映画結婚の舞台挨拶レポ!サプライズがヤバ過ぎる?

 

もとフジの人気女子アナ・高島彩から贈られたお花です。

ディーンは不定期ですが、テレ朝ニュースステーションにインフルエンサーとして出演しているのですね。

番組のエンディング曲は、ディーンの「Unchained Melody」です!

 

↓人気デュオとしてしられているコブクロから贈られたお花なのですが、どのようなつながりなのでしょうね?

以前ディーンフジオカが自身のライブで、横浜公演に小渕健太郎を招待したことがあるそうですね。

ディーンとコブクロが知り合うきっかけは何かな?と考えてみると、おそらく大型音楽番組のフジ「FNS」やTBS「CDTV」などに出演したときに知り合ったのでしょうか?

ともに音楽を追求するアーティストとして、お互い共鳴し合うものがあったのではないかと思いますが、真相の程をさらに調査してみますね。

↓ディーンがパシフィコ横浜(2016年)で公演したときのことをお話しています。

ディーンフジオカのライブ(横浜)時間や服装を調査!感想レポを紹介!

 

こちらはDREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)から贈られたお花です。

ドリカムといえば、朝ドラ「まんぷく」のオープニング曲「あなたとトゥラッタッタ♪」を歌っていましたね!

ドリカムとディーンはどういうつながりがあるのかな?と考えたのですが、ディーンがはじめて買ったCDはドリカムの「決戦は金曜日」だったからでしょうか。


決戦は金曜日

↓ドリカムの決戦は金曜日は、以下の動画から聞くことができます。




ドリカムの「決戦は金曜日」は、私が敬愛するアース・ウインド&ファイアーを彷彿するかのような、グルーブ感あふれる楽曲ですね♪

奇しくも、ディーンが大阪公演を行った大阪のフェスティバルホールは、アース・ウインド&ファイアーのライブ公演(2017年5月20日)が行れた場所でもあります。

アース・ウインド&ファイアーというと、これはどうでもいい話ですが、私が中学生の時にはじめて買ったLPレコードは、E W&Fireの「太陽神」でした(笑)

当時はアースのヒットソング「宇宙のファンタジー」にドハマリしていて、カセットテープにも録音して擦り切れるほど聞いていましたね。

じつは私は世良公則&ツイストのファンでして(恥)、中学生の頃にNHKホールで公開生放送していた「レッツゴーヤング」を見に行ったこともあります。

はじめてみる憧れの芸能人は、衣装ではみたこともない金色のラメのチャイナ服をお召になられていておられました。

世良さんの「まぶしすぎる」大量のオーラ光線を浴びてしまったので、NHKホールの二階席から、ズッコケそうなくらいの衝撃を覚えたのでした…「燃えろッ!いい女〜〜〜〜ッ!」ってね(笑)

モデルの経験のあってどんな服もかっこよく着こなしてしまうディーン様でも、さすがに金色に光り輝くラメのチャイナ服は着こなせまい(爆)

 

とそんなNHKホールには懐かしい思い出がたくさん詰まっている場所なので、ディーン様の東京公演の会場だとわかったときは天にも昇る心地でありました。

いつものことながら話が脱線してしまいましたが、ディーン様のライブ公演にお話を戻しますね!

NHKホールの会場内を探索すると、グッズコーナーもありましたが、ホール内ではグッズ販売はなかったのですね。

会場の別の入口から入場する形式だったので、チケットで入場したときはグッズは買えませんでした。

ライブ公演が終わった後に、いったん外に出てから別の入口から入ることができましたよ。

今回東京公演ではグッズの購入はしなかったですが、あとからザッキー君のポーチがほしくなってしまいました。

ファンクラブの通販で購入できるので、注文してみようと思います。

今さらなんですけど、フォーのボウル&レンゲセットを再販していただけたら嬉しいんですけどね。

あと、ディーンのカレンダーをマジで作って欲しいです!

新元号「令和」入りの月めくりタイプをどうかお願いします!!

 

あと、ホール入場口から左側の階段手前に、ファンレターボックスがありましたよ。

よく探してみないと、チョット分かりにくい場所においてありました。

今回は、スーパーで使うような買い物かごではありませんでしたね(汗)

あと、ライブが始まる前に、各会場で残しているディーンの直筆メッセージを見てからにしようと思います。

 

ディーンから最後のフォトメッセージ「東京公演」は?

入場前に直筆メッセージを見損なってしまったので、ホール内でリベンジしようと思ったら、時すでに遅しということで長蛇の列になっていましたよ。

ホール内を折り返すくらいの長さに行列ができていました。

あまりにも列に並ぶ人数が多いので、正面からではなくサイドからも撮影できるようになってたのですが、ここは気合を入れて並ぶことにしました。

列に並んでいると、東京公演に連日来ているらしい人が「昨日はこんな長い行列ではなかった。」と話していましたね。

ディーンの直筆メッセージを見るために、約30分並んで撮りました(爆)

アコースティックギターを弾きながら高らかに歌う姿は、ディーンらしく爽やかで素敵ですよね!?

これはリハーサルの模様を撮影したのでしょうか?

表情がやわらかくて、とてもいい写真を選ばれたと思います。

日本公演のファイナルにかける意気込みを感じる、ディーンの熱いメッセージに、ライブに参加できる私も身が引き締まる思いでいっぱいになりましたね。

 

スポンサーリンク


ディーンフジオカのライブ東京公演のレポート!

いよいよ開演時刻前に、ギリギリ席についたのですが会場を見渡す限り、ほぼほぼ女性客でいっぱいでした。

ライブYシャツ「Born To Make History”」を着ているファンの方も、客席で結構おられましたね。

白よりもミントカラーのグリーンのTシャツのほうが、着用率が高かったように感じました。

 

会場は午後6時過ぎに会場のアナウンスがあると、間もなく暗転して演奏がはじまりましたね。

最終公演は、ほぼ定刻通りにスタートしたのですね。

NHKホールでは最後の公演3月30日㈯は、およそ3,500人の来場者があったそうですが、広島や札幌の会場のおよそ3倍以上ものお客さんの数に圧倒されましたね!

これまでディーンのライブで、東京国際フォーラムやパシフィコ横浜の会場で行われたこともありますが5,000人規模のホールがありました。

大きな会場に行くとNHKホールの客数でも多いなと感じたのですが、最終公演ということもあって客席のテンションもこれまでよりも高いように感じられました。

ライブがはじまりディーンが舞台に登場すると、ホールでは割れんばかりの声援が沸き起こったので、東京は熱気に包まれていましたね。

大音量の演奏を聞いてもなんともないのですが、周囲から絶叫する声が起こると耳の鼓膜がビリビリして痛かったですね。

札幌公演では、ディーンが会場を盛り上げるために、何度も手招きをするポーズを取っていたほどですが、東京公演の会場は最初から天と地がひっくり返ったような騒ぎでした。

ディーンのはじめの挨拶で、ディーンが問いかける度に、会場から熱い声援が沸き起こっていました。

東京公演の千秋楽は、ただものでないと、客席の反応を聞いて感じたのでありました。

 

ディーンは、「みんな今日来てくれてありがとう。」

「日本国内最後だぁーッ!」

というと、さらに客席から大きな声援が即座に返ってくるのでした。

 

さらにディーンは、「みんなー、人生それぞれ、いろいろあるなかで、

今日…、ある?あるよね!?」

とディーンらしい語り口に、会場からは一斉に笑い声も起こります。

 

「今日、ここにいることを選んでくれて、本当にありがとう!」

そして「後悔はさせないッ!!」

すると、客席からは、ワーワーッ!キャーキャーッ!なんてレベルではなくて、

まるでジェットエンジンの前に立っているかのような大音量の歓声が、客席から一斉に沸き起こったのでした(爆)

(ううッ!…耳栓がないと、ガチでヤバ…)

という私のつぶやきなどは、瞬時にかき消されてしまったほどでした(笑)

 

このあとディーンは客席に、「ニューアルバム・ヒストリー・インザ・メイキングを買ってくれた人?」とか、

「じゃ1stアルバムのサイクルを持ってるって人は?」とたずねたのですが、一斉に手をあげて「ハーーーーーイッ!!」と。

(反応が速すぎて、マジすごっ!?)

客席からの反応があまりにも大きいので、ディーンも驚いていたくらいですね。

 

ディーン「…すんごいな…毎回ね、2回聞きたくなるんだけどね…うん。」

さらにディーンは、「手加減なしのアレンジで準備してきたので、楽しんでいってください。」

即座に客席から「♪ディーンッ!」と熱っぽい声援がつづきます。

ディーンの笑いを交えたトークに、客席から大歓声がおこり、東京公演の最後はただならぬ予感が起こったのでありました。

3階にいるお客さんの様子を見上げて確認すると、ディーンは確認したかのように小さくうなづいていましたよ。

毎回ライブでは、会場にいるお客さんの様子をよく観察しておられますよ(爆)

 

さて、ライブ中のディーンの様子ですが、スタンドマイクを高々と片手で持ち上げたり、ギターを掲げたりこれまでの公演の様子とは違いましたね。

さらにノッてくるとピアノの上に立ったり、床に寝てしまったりと、舞台を所狭しと駆けまわり歌声を会場に届けていましたよ。

ピンクじゃないって自覚症状のある方

とある曲紹介のときに、ペンライトの色を指定する場面がありました。

ディーンは、「お手持ちのペンライトをピンク色にしてください。」

といいながら、「5秒以内で。…5,4,3…」とやおらカウントダウンを始めるではありませんか!?

会場からは突然のディーンの要求に、どよめきが起きてましたね。

 

さらにディーンは「(ペンライトの色が)ピンクじゃないって自覚症状のある方は、自己責任でお願いします。」

というと、会場から大爆笑が巻き起こったのでした。

ピンクがない場合は、ペンライトの赤か白を点けるように付け加えられました。

その後客席は1階から3階まで、一面あでやかな桜色に染まったのでありました。

 

ディーンの言葉にメロメロ!?

ディーンフジオカは持ち歌を披露する合間に楽しいトークを交えるのですが、客席をメロメロにしてしまうような発言もいくつかありました。

ノリノリのメドレーが終わった後に、思わずでた言葉が、

「あー、楽しかった♪」

と、まるで少年のような表情に、思わずドキッとしてしまいました。

 

さらにライブ後半では「最後になりましたが…」

と切り出すと、客席からの「エェーーーーッ!?」というあまりの気迫に押されて、

ディーンは一瞬顔をしかめて、胸をギュッと抑えて、ジリジリと後ずさりしていました。

そんなディーンのリアクション多めの大サービスで、客席のお客さんたちも大喜びの様子でした。

 

またディーン自身の曲について語るときに、あのグッドルッキングガイが思わずクシャッと顔をほころばせて満面の笑顔をみせたときは、おもわず「ズキューーーーンッ!!」と私のハートは射抜かれてしまいましたのよ(笑)

カッコ良すぎるディーンフジオカの姿や、本来のやさしい藤岡さんが垣間見られたりと、素敵な七変化がみられるのもライブならではの醍醐味だと思いますね。

 

ライブ公演終了後の会場の様子は?

圧巻のパフォーマンスを客席に届けたディーンの最終公演は、午後8時過ぎに終了しました。

午後8時13分過ぎにディーンが舞台から姿を消したので、約2時間10数分の日本公演最後が終わってしまいました。

最後の曲を熱唱した後にディーンは、

「日本公演終わっちゃったよ〜〜〜!!」

会場からは、「やだーッ!」「えーーッ!?」と声が一斉に上がったのでした。

最後に、ディーンは会場全員の方と記念撮影を終えた後に

「また遊ぼうね!」

と、いたずらっ子みたいな表情を浮かべて、さわやかに舞台袖に消えていったのでありました…。

 

東京公演のライブの模様については、いろいろとお話したいところですが、思わずネタバレしてしまうのでこれ以上しゃべったらバラしそうなのでヤバイです…(爆)

いずれ、ライブが終わったらDVDが発売されるのではないでしょうか?

というのも、東京公演では後方席にも4Kカメラが設置してあったので、ライブの一部始終は撮影していたでしょうか。

 

アジアツアーも含めて、ライブの模様はDVDで出ると私は確信しています。

今回日本公演では広島、札幌、東京最後の公演を見させていただきました。

最初の公演のときは、事前に情報をシャットアウトしていったので、初めてライブを目の当たりにしたときは感動しましたね。

冒頭のイントロの演奏を聞いた時点ですでに全身が鳥肌状態だったので、前回2017年よりもライブはパワーアップしていると思います。

公演が終わって表に出るときに、お客さんはみな満足そうな笑顔を浮かべていたので、そう思いました。

ライブ終了時に表に出ると、表はかなり雨が降っていましたね。

ライブが終わって、一斉にお客さんが外に出るのですが、傘を持ち合わせていない人もいてロビーは人が溢れてごったがえしていましたね、NHKホールの出口はもうプチパニック状態でした。

代々木公園に来たときは天候は良かったのに、まさかの雨降りにあいました。

傘をさしても横なぐりの冷たい雨に打たれしまい、急いで駅に向かったのでありました。

そういえば千代田線の代々木公園に向かう人は、あまりいなかったですね。

代々木公園の満開だった桜も、かわいそうに雨に打たれていました。

駅につく頃には足元がぐっしょり濡れてしまいましたが、ライブでエキサイトしてしまったので、気持ちはハイテンションのままでした(笑)

 

これまでのライブと今回の違いと感想は?

ディーンフジオカのライブは、私は2016年から見させていただいています。

今回のアジアツアーのライブでは昨年までのと比べると、いろいろと変化を遂げてきていることでしょうか?

これまでのライブと違っていたところをお話してみたいと思います。

①グッズのペンライトが進化してる!?

ライブツアーごとにこれまでペンライトが発売されてきましたが、今回はライトの形状が変わりましたよね。

ライトに旗がついているのは、これまでになかったので斬新なアイデアだと思います。

しかもこレまでのペンライトよりも、少し長くなっているのですね。

ライブではペンライトを、多数持っている人を多く見かけたので、毎年ライブに来られているのですね。

ライブの後半で盛り上がってくるとバンドメンバーの4人衆がこのペンライトを取り出して、旗を掲げるパフォーマンスを行なったのですね!

すると、客席のお客さんも一斉にペンライトを同じように掲げて、NHKホールの会場はステージと客席が一体感に包まれたように感じましたね!

グッズのペンライトはライブでは欠かせないアイテムの一つですね。

ペンライトは旗付きで、お値段も2千円と少々高いと感じましたが、次回も使い回せるのでよいことにしましょうか。

 

②客席のノリがヤバい!?

会場のお客さんは、ディーンの歌う曲は熟知しているので、曲によってペンライトの色を選定したり、指揮者のように三角形に振ったりと盛り上がりを見せていました。

そんななかで、ステージの右側にいたDJ担当の木内友軌氏は、身振り手まねで拍手のタイミングやペンライトの振り方など客席に指示を出していたのですね!

反応の素早いふぁむっ娘たちは、アクションも大きめに拍手やペンライトを振るなど、ディーンと一緒に歌を歌ってノリノリの様子でした。(アタクシもその一人でございましたのよ…ホホホ。)

 

③アレンジした楽曲を披露

ライブでは、ディーンの持ち歌を披露していましたが、アレンジをして演奏をしている曲がありました。

イントロを聴いていると、出だしだけでは何の曲なのかわからないこともあり、予測不能だったので演奏を楽しめました。

ディーンが「手加減なしのアレンジで準備してきた。」というだけあって、ライブの見どころの一つだと思いました。

ライブの模様を収録したDVDでは、後に発売されると思うので楽しみにしています♪(出るよね?)

 

④公演別にディーンの直筆メッセージを披露!

ライブ会場では公演別にディーンの直筆メッセージがロビーに飾られていたので、会場に訪れた人は見ることができるのですね。

メッセージボードの写メを撮ることもできるのですが、「撮影は一人2枚まで」と制限されるほど人気コーナーになったのですね。

私は広島や札幌にも見に行ったのですが、並んでもあまり待たずに見ることができました。

ですが、千秋楽のNHKホールは半端なかったですね…。

フロアの真ん中に列ができるので、ホールを行き交う他のお客さんが通り抜けができなくて、混雑していましたね。

そりゃ来場者3500人が集中するのですから仕方ないですが、私は30分並んでようやく見ることができました。

私は鉄道イベントによく行くんですけどね、グッズ販売や車両撮影で行列ができても、大量の人員を整理してさばいてしまうからいつも驚かされますね。

担当者がお客さんに声かけをしたり、張り紙や看板を掲げて、とにかく人の流れを仕切って、区切って、整列させてしまうので、ストレスなくスムーズに流れていく様は、まさにお見事なのです。

以前、東京駅で記念きっぷを買いに行ったときは、床のタイル一マスに一人立つように指示されたこともありましたが、長時間並ぶのにも体力がいるのですね(笑)

 

⑤ディーンと同じ衣装が判明!?

DEAN FUJIOKA – “History In The Making“ (Official Lyric Video)




ディーンのライブでは、ステージで着用していた衣装を着ているお客さんを見かけましたよ。

ディーンが着用した衣装ということで、早々に注目されてたから購入したファンの方もおられるのですね。

ステージで着ていた衣装は、ブランドがバレバレだったのですぐわかりました(笑)

ナイキのスポーツウェア「ナイキ スポーツウェア NSW」メンズプリンテッドパーカーを着用していましたね。

このパーカーというか、ポンチョタイプになりますね。

カモフラージュ柄のような、パームツリーをあしらったデザインです。

私は中盤からライブに行ったために衣装について調べていなかったですが、現在ナイキは売り切れているので購入はできないです(4月4日現在)。

楽天で見つけましたが、再入荷待ちの表示がついていました。

 

ちなみに同じ柄のジャケットタイプというのもあったので、試しに買ってみました(笑)

サイズはメンズサイズです。

普通にメンズLサイズが着れる私ですが、あえてXLサイズを買ってみましたヨ。

手にとった所、重いなと感じたので実際に重さをはかったら600gありましたね。

ジャケットタイプの重さは、ペットボトルのジュース500mlより少し重いというところですが、ポンチョだともっと重くなると思います。

かなりゆったり感があるので1サイズ下げても良かったかなと思いますが、女性が着る場合は、自分のサイズの2サイズぐらいは下げていいと思います。

ナイキの正規店なら、買った後もサイズの変更が送料無料でできますね(30日以内)。

スポーツウェアなので伸縮性があって着心地はいいのですが、意外に重いんですよ。

ポンチョとなるともっと重量があると思うので、着たい人はおはやめにどうぞ♪

↓同じ柄のキャップもありましたよ。

 

日本公演が終わってライブロスでお悩みの方に…

ディーンフジオカの日本公演が、とうとう終わってしまいました。

私自身翌日からは魂が抜けたような状態で、2〜3日間は何もする気がおこらなかったですね。

明日から何を生きがいに行きていけばいのでしょうか…?

なんてため息をついていると、チコちゃんにまた叱られそうになるので(汗)、平常心を取り戻しているところです。

 

これって「ライブロス症候群」でしょうか?

…不調続きは花粉症が長引いているだけなんですが。

それではどうすればいいでしょう?

今回のディーンのライブは日本公演のあとに、香港や台湾公演も控えています。

中華圏では、ディーンが日本で活動する前に俳優としてドラマや映画で活躍していたのですね!

ディーンが台湾のドラマで活躍していた出演作品についてお話をしています。

ディーンフジオカは台湾のドラマで人気爆発?出演作品や経歴を調査!

↓こちらは、ディーンが初々しい高校生役で出演していた(20代半ばで)ラブコメ学園ドラマですね

スクールロワイアル極道學園の放送日は?DVDの発売日・特典を調査!

 

ラブコメディドラマ「王子様をオトセ!」は、台湾のラブコメディで大人気となった作品です。

↓サマーズテイル〜夏のしっぽは、爽やかな青春群像を描いた珠玉作品です。

サマーズテイル~夏のしっぽ~のネタバレ感想は?レンタルを調査!

↓かの○マップを彷彿するような脚色ですが、バンド活動をする若者の物語ですね。

ディーンフジオカが出演する夢の向こう側のネタバレ感想は?

 

これまでに出演したCM作品についてまとめていて、数々の中華圏のCMにも出演しました。

ディーンフジオカの出演したCM作品は?台湾時代もチェック!

ライブグッズのピンズに「平安(ピンアン)」という文字がありますが、ディーンがはじめて映画出演をした作品です。

若かりし頃のディーンがみれるのと、胸キュンシーンもある香港の映画作品です。

ディーンフジオカ主演の八月の物語とは?DVDの発売日や価格は?

ディーンフジオカ八月の物語のネタバレ感想!衝撃の結末は?

 

まとめてみたら

ディーンフジオカの東京公演を終えて、日本公演の最後の日でもあったこともあり、感慨深かったですね。

今回3回も公演を見に行きましたが、広島、札幌、東京とどれも甲乙つけがたい内容で素晴らしかったですね!

ですがやはり、一番最初に見に行った広島公演が感動的でした。

また次回ライブがあるなら、ぜひ参加してみたくなりましたね!

 

ディーンのライブでは、アイデア満載で飽きることなく楽しむことができました。

持ち歌な中国語を歌っている楽曲もあるので、ライブ中に日本語訳をスクリーンで紹介していましたね。

日本語訳をもう一度じっくり読んでみたかったのですが、

CDの歌詞カードにも記されていながったので、何かの形で公開してほしいと思います。

ライブでは一緒にディーンと歌を歌っていましたが、できれば一緒にハモれたらうれしいんですけどね♪

簡単なフレーズでもいいのでハモれたら、ライブの一体感も増して大いに盛り上がると思います。

 

1ヶ月あまりライブを追いかけてましたが、素晴らしい体験ができたのでまた次回ライブに参加したいですね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

ディーンフジオカライブ東京2019の感想&レポは?衣装やロス対処法を調査!

 

ディーンフジオカ2019年アジアツアー決定!!ライブの詳細はこちらです▼

ディーンフジオカライブ2019日程やアクセスは?チケット購入方法を調査!

ディーンフジオカのCDアルバム2019年の発売日は?初回特典や価格、予約方法を調査!

ディーンフジオカのファンクラブ(FamBam)イベント!場所やグッズ、応募方法は?

ディーンフジオカのライブ大阪の感想!サプライズや中国語の曲名は?

ディーンフジオカのライブ横浜編2018!感想&レポと珠玉の名言は?

ディーンフジオカのDOREMIの振り付けは?ライブ前に予習チェック!

ディーンフジオカのライブ須賀川(福島)の感想は?サプライズが凄い!

 

ディーンフジオカがこれまで出演したドラマの総まとめ▼
↓ ↓ ↓
ディーンフジオカ出演の人気ドラマは?おすすめを一挙紹介!

ディーンフジオカ出演の人気映画について総まとめ▼
↓ ↓ ↓
ディーンフジオカ出演の人気映画は?代表作から最新作までを紹介!

 

スポンサーリンク


2 COMMENTS

ちー

こんにちは。お待ちしておりました!!詳細レポありがとうございました。いつも以上に力作でした。
そしてしず様、同じ柄のジャケットを買われたとは、さすがですね~ ファンの鑑ですね。
これ着ると目立ちますね~ オサレ感満載で。 東京の直筆ポスター 爽やかすぎて欲しいです。
日本公演終わりましたね。。私の場合は早々に終わったのですごく遠い昔に思えます。アジア公演
いつか海外でもライブも見てみたいものですがいつになるのやら(笑)
今回のツアーではしず様とご対面できませんでしたが、また次の時、チャンスがあればお会いできると
嬉しいです。レポお疲れ様でした。

返信する
kiyosuke

ちー様、こんにちは!コメントを頂きましてありがとうございます。
今日は近所の桜並木を見に寄り道をしたところ、南風が大変強くて桜吹雪を堪能する間もなく、土煙をモロにかぶってしまい髪は乱れて散々でした…。
あの方のライブは見ごたえがあるので、よろしかったら次回はぜひご一緒いたしましょう!!どこでも参りますヨ〜♪
海外のライブも機会がありましたら、ちー様に通訳をおねがいすれば安心ですので、その際はよろしくお世話になります(笑)
今回のツアー公演のDVDはおそらく前回のように発売されると思うので、ご覧になれると思います。

そういえば、おニューのジャケットが見当たらないので家中を探したところ、今朝長男が会社に着ていってしまいました!?
自分に買ってくれた服だと思ったようで、大変気に入ったみたいなのであげることにしました(うぅ…)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください