ジョジョ展東京2018の混雑や待時間は?グッズ物販や売切れを調査!

この記事は13分で読めます

東京都六本木で開催している「荒木飛呂彦原画展JOJO冒険の波紋」、ジョジョ展東京2018に行ってきましたヨ!

そこで、ジョジョ展の会場である国立新美術館について混雑状況や待時間について、また物販グッズの購入について売切れ商品があるのか、そして怒涛の感想についてまでひっくるめてまとめてみました!

それでは〜、国立新美術館へ出発進行〜〜!!

スポンサードリンク

ジョジョ展東京2018のアクセスは?

先日東京まで、子供につきあわされてジョジョ展に行ってきました!

ジョジョとは何か?というと、週刊少年ジャンプに連載していた漫画「ジョジョの奇妙な冒険」という作品があるのですが、作者の荒木飛呂彦(あらきひろひこ)さんが実際に書いた原画を展示してあるというので、私は漫画を読んでないのにもかかわらず、展覧会に行ってみることにしました。

現存する漫画家が国立美術館で作品展を行うのは史上初!という試みなので、とても素晴らしいことですね!

荒木飛呂彦さんの作品はもはや「漫画」の粋をこえて、芸術作品に達しているということでしょうか。

2009年フランスのルーブル美術館でも、日本からは荒木飛呂彦の作品だけが展示されていましたから、やはり芸術作品の域に達していることがルーブルで証明されたのだと思います。

早朝に日テレ情報番組「Oha!4」を見ていたら、荒木飛呂彦さんのインタビューをしているコーナーがありましたよ。

イタリアの彫刻家ミケランジェロが制作した「ダビデ像」から影響を受けて、ファンタジーな作品が生み出されたのだそうです。

そしてジョジョが作られて30年経過したあともなお、新しい描写方法を考えているというから探究心が旺盛な方なのですね!

作品の背景の色一色にしても、インクを試験官に入れ、何度もテストを繰り返して色を決めてから制作しているというので、芸術家というよりも研究者の域に近いものがありますよね!

番組では、「漫画を通して社会とつながっていたい。」と語っておられました。

これからもなお、素晴らしい作品を世間に発表して欲しい方ですね、作品が生まれるのが待ちどおしいものです!

 

「ジョジョの奇妙な冒険」は、1987年から週刊少年ジャンプに連載されていて、第1部から第8部まで122巻あります(2018年9月現在)

子供たちがすっかりハマってしまい、ジョジョの漫画を揃えているところですが、まだ全巻揃えられてないですね^^;

漫画自体に私は興味がなかったのですが、推しメンのディーンフジオカが愛読している漫画だと聞いて、気になったのですね。

ディーンフジオカが日本でブレイクするまで中華圏で活躍していたのですが、「ジョジョの冒険」を読んだことがきっかけで海外にでてみようと思ったきっかけになった漫画なんだそうです。

エピソードはもとより、荒木飛呂彦の描くキャラクターの独特のポーズ「ジョジョ立ち」や、極彩色豊かな人物のイラストに惹かれて、いいオバサンも漫画の展覧会に行くことになったのですね!

という前置きは置いときまして、ジョジョ展に行ってみることになりましたよ!

荒木飛呂彦原画展 JOJO冒険の波紋

開催期間:2018年8月24日㈮〜10月1日㈪

会場:国立新美術館 企画展示室2階

東京都港区六本木7-22-2

 

電車でのアクセス方法

○東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から 徒歩約5分

○東京メトロ千代田線乃木坂駅
青山霊園方面改札6出口(美術館直結です)

千代田線乃木坂駅から出ると目の前にあるので、最も近いですね!

帰りは乃木坂駅からにしましたが、小雨交じりの天気でも傘がなくても屋根があるので濡れずに変えることができました!

 

○都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分。

行きは大江戸線から行ってみましたね!

大江戸線は新しく作られた地下鉄なので、都心でも最も深い場所に線路が連なっているので、地上に出るのにエスカレーターをいくつも乗らないと行けないのですね。

オサレな東京ミッドタウンも隣接する場所にあるのですが、脇目も振らず会場を目指します。

地上に出るまでエスカレーターがあるので、階段を登らずに出ることができますヨ!

出口には「国立新美術館」へ矢印が表示されていたので、わかりやすいです。

ところが私が間違って反対方向に行ってしまい、東京ミッドタウンの方に行きそうになってしまいました。

東京ミッドタウンにはまた別の機会に行ってみたいと思います。

外苑東通りから一本狭い小路に入って進むとその先に龍土町(りゅうどちょう)美術館通りを通っていくと、国立新美術館に行くことができます。

そういえば2年くらい前に「ダリ展」に来ているはずなのに、すっかり私の記憶からなくなっていました(笑)

2016年9月〜12月まで新国立美術館で、ダリ展が開催されていました。

「六本木ストリート」をジョジョの歴代キャラクターたちがジャックするプロモーション「六本木ストリートフラッグ」も展開していましたよ。

ジョジョファンの方は街頭のフラッグも必見です!

会場につくまで、ワクワクしながら歩くことができましたよ!

全部でフラッグが暑い盛りの道中でも楽しむことができますよ。

フラッグは全部で9種類あるらしいですが、龍土町美術館通りにフラッグは4種類ありましたよ!

たまに車の往来がある通りですが、結構狭いので端っこを歩きながらずんずん歩いていけました。

なんとも奥ゆかしいバーの店構えがありましたね。

そして小路を5分ほど歩くとようやく目的地の国立新美術館に到着しましたよ!

国立新美術館は、全面がガラス張りの建物になっていて、ようやくダリ展に来たことを思い出しましたよ(笑)

建物の中から見るとこんな感じでガラス張りの構造になっているんですね!

表にあるジョジョ展の看板ですね!大勢の人が写真を撮ってました。

この日はジョジョ展の他にも、ルーブル美術館展も行われていたので、1階のロビーではかなり混雑していましたね!

ジョジョ展のチケットは予約制で事前にコンビニで買いました。

当日チケットもあるようですが、土日は事前に予約をしたほうが確実ですね!

当日チケットは、販売チケットに余裕がある場合のみ取り扱っているようですよ。

 

私はチケットを先行予約したのですが、日時指定券といって、入場できる日時を指定してチケットを予約して買いました。

チケットの価格は、一般1600円、大学生1200円、高校生800円です。

チケットの販売場所はローソンチケットです。(Lコード31111)

>>【HMV】ローチケHMV

 

日時を指定した後は、コンビニのLoppiなどで出力をして、レジで支払いをしてチケットを入手しました。

予約したときの番号などを入力すると、レシートがでてくるのでレジに持っていくだけでチケットを買えます。

チケットを持っていよいよ建物の中に潜入してみようと思います!

 

ジョジョ展東京2018の混雑や待時間は?

ジョジョ展の会場は国立新美術館の2階にある、企画展示室2Eです。

私は12時から2時までに会場に入れば良いチケットを持っていたので、入場時間になるまで暇つぶしをすることにしましたヨ!

とりあえず2階に行ってみるものの、12時になるまで会場には入れないのですね!

ジョジョ展は時間ごとに入場を制限させられているので、入場するための待ち時間はほぼ無いです。

そこで階下に降りてみると、1階はルーブル展が開催されているのですが、結構混雑して幾重にも行列が連なっていて、人も多く蒸し暑かったです!

なんと!特大扇風機が置いてありましたね!扇風機の前だけちょっと涼しかったです。

1階のフロアには軽食コーナー「カフェコキーユ」があるので、コーヒー370円〜やジュース420円〜 などの飲み物や、サンドイッチ480円〜、ケーキ500円〜などの軽食も置いてあるので、時間つぶしができます。

また、国立新美術館の地下1階にもカフェテリア「カフェテリア カレ」があって、スパゲッティ880円〜やスープ400円〜・サラダ480円〜、サンドイッチ480円〜、お弁当600円〜などがあるので、食事をとることができます。

お昼時だったので、1階のカフェテリアは混んでいてあいている席を見つけるのも大変でしたね!

 

その後ジョジョ展の会場に入ろうとしたところ、12時15分前に大勢のお客さんがエスカレーターを上っているのを見たので入館時刻はやはり混雑しているのですね!

並んで入るのもいやなので、入場時刻を50分程時間を遅らせて会場に入ることにしました。

待ち時間の間に軽く食事をとったり、国立新美術館の近くにあるコンビニのローソンが、ジョジョ展とコラボをしているというので、OWSON(オーソン/コンビニのLAWSON・ローソン)まで見に行ってきました(笑)

ジョジョとコラボしたコンビニのOWSON(オーソン)店についてはこちら▼

ジョジョのオーソン六本木店の場所や限定グッズは?いつまでか調査!

 

結局ジョジョ展の会場に入場をしたのは午後1時前なので、人影はまばらでしたね!

入り口はスカスカだったのですけどね…

会場内は一部大型の複製パネルが撮影可能となっており、大勢の来場者が記念撮影をしていましたね!

迫力ある大サイズのパネルはスマホではすべて入り切らないので、結構離れて撮影しないと入り切らなかったですね!

展覧会のポスターにも採用されている、背景が富士山のイラストが大型パネルになって展示されていましたが、その大胆な構図と色使いに圧倒されましたね!

ショッキングピンクと富士山の堆肥が眩しすぎるほど、どサイケな色彩ですが、迫力ある作品ですね!

「ドドドッ!!」と擬音が飛びだしてきそうな大迫力です(笑)

 

ジョジョ展では、2017年に「ジョジョの奇妙な冒険」が誕生30週年を迎えたそうです。

シリーズ累計で漫画の発行部数が1億部以上という、驚異的な数字を叩き出したというからすごいですよね!

荒木飛呂彦氏の集大成として、これまでの肉筆原画が展覧会に飾られていました。

会場では歴代ジョジョたちの作品が時代を追って展示されていて、青い鉛筆で指示書きがされている漫画の生原稿や、鮮やかに彩られた表紙画を見ることができました。

 

展示会場には所狭しと、荒木飛呂彦の原画が展示されていましたが、作品を見る列がほとんど動かないほど混雑してましたよ。

人気のある作品は、幾重にも人が集まっていたので、ゆっくり作品を鑑賞することができませんでしたね!

夏休み最後の週末ということもあるので、やっぱり見に行くならば平日がいいのですが、子供が学校なので仕方ないですね。

 

ジョジョ展では荒木飛呂彦の他にも彫刻家やデザイナーたちが、ジョジョをテーマにしたオブジェなどのアート作品が展示されていましたよ。

実物大に作られたリアルな作品アートを楽しむことができたので、お得感がありますね!

ジョジョ展では有料の音声ガイドもあるので、1台550円(税込)ですが荒木飛呂彦による解説も聞けちゃいます!

うちの子供は熱心なジョジョファンなので、音声ガイドを聞きながら会場を回っていましたよ。

原画作品展示の他にも、広い暗室があって映像展示が行われましたよ。

ジョジョの作品にある「スタンド」と呼ばれる幽波紋という、超能力が誕生する瞬間をテーマにしたCG画像を見ることができました。

オバサンはジョジョの漫画をすべて読んでいないので、子ども達に教わりながら作品を見ることができました。

 

巨大スクリーンで流動的な迫力ある映像に圧倒されましたが、私のような原作をろくに読まずに見に来ている人には難しいかもしれませんね…

じゃあ、なんでジョジョ展を見に来たのかというと、荒木飛呂彦の漫画や挿絵をみていると、西洋絵画を彷彿するような色彩や構図の素晴らしさに惹かれたからです!

先日NHKの番組「バクモン」でも荒木飛呂彦氏が出演していたのですが、ギリシャ彫刻のダビデ像や西洋美術に影響を受けたと語っていましたね。

「ジョジョ立ち」といって、体をファッションモデルのようにひねったポージングが有名ですが、ギリシャ彫刻がヒントになったといいます。

荒木飛呂彦氏の場合は、「ジョジョ立ち」は実際にここまで体をひねったポーズで立つことができないですが、キャラクターに「非現実」なポーズを取らせることで「ファンタジー」を生み出しているというのだそうですね!

こちらは新宿東口にあるルミネエストでジョジョとコラボをしていましたよ!

さらにでてくるキャラクターは、どれもファッショナブルで、海外のファッション誌から飛び出してきそうな美男美女が美しいですね。

私はジョジョの漫画を全部読んでいないので、どんな内容かわからないですが、展示されている原画をみるだけでも十分目の保養になり楽しむことができました。

 

ジョジョ展は完全日時指定制となっているので、指定された時間内に会場に入ればいいから、入場で長蛇の列に並ぶようなことにはならなくて、スムーズに入ることができます。

ただし、週末土日はやはり来場者が多いので、原作を間近で見るには中で並ばないと見れないので覚悟していったほうがいいです。

こちらは1階ロビーですが、同時にルーブル展も開催していたので混んでましたよ〜

私は土曜の午後1時前に中に入ったときは、作品の前に2重にも人垣ができて、じっくり見ることができない作品もありましたが、最後の方に展示してある作品は人がいない箇所もあったので、ゆっくり見れました。

会場内は8つに仕切られており、チャプター1から5までは荒木飛呂彦の原画が飾られていますが、順番通り見なくても良いのであれば、「逆まわり」をして、人の少ないところから見ていくというのもありかと思いました。

チャプター5⇒4⇒3⇒2⇒1とみていくとスムーズに見られるかもしれないので、次回は試そうともいます。

チャプター6以降は逆行ができないので、逆まわりはチャプター5までのコーナーならできます。

スポンサードリンク


ジョジョ展東京2018の物販グッズや売切れを調査!

ジョジョ展は、荒木飛呂彦の原作画を見る他にも楽しみは、会場で販売しているグッズを手に入れることですね!

ジョジョ展は、チケットを購入しないとグッズ販売店に入ることができないので、チケット購入が必要です。

ただし、国立新美術館のB1にあるミュージアムショップなどでも、ジョジョ展の公式図録が販売しているるそうです。

グッズコーナーは、ジョジョ展の出口にコーナーがあります。

 

グッズは事前にショーケースなどに展示されているので、チェックしてから画像つきのカラー印刷された商品注文書(A3サイズ)が渡されます。

グッズ注文書は一人ずつ渡されて、必要な個数を記入していきますよ。

ただしグッズは1アイテムにつき原則5点まで注文できますが、複製原画は受注予約となるので別の注文書に書く必要があります。

注文書に必要な数を記入した後にスタッフに渡しすと、列に並ぶ場所を指示されるので、レジで会計する順番が来るまで待ちます。

注文書を渡してからグッズコーナーを出られるまで、およそ15分ほど列にならびましたよ。

 

家に帰ってから、子ども達が戦利品をずらっと並べて取った写真がこちらです(笑)

私なんて公式図録しか買ってないんですから、どんだけグッズが欲しいんだか、よくわからないですね…

ジョジョ展特設ショップで購入したグッズ

クリアファイル第3部 400円
クリアファイル第4部 400円
クリアファイル第5部 400円
クリアファイル第6部 400円
ジョジョデザイントートバッグ 4200円
ノート 2500円
チャームセット第5弾 2500円
コレクション缶バッジ第5部✕10個 4000円
アートコースターBOX 5400円
6連メモ第5部・第6部 各800円
ハンカチ 1500円
コインケース第7部 1800円
イギーぬいぐるみ 1200円
ワールドコレクションフィギュア5000円
原画公式図録 2500円

子供らと手分けして並んでグッズを手に入れましたが、ジョジョ展だけで締めて35000円!?

 

注文書に必要個数を書いた後は、レジではもう変更ができないというので、かなり悩んで注文をしたのですが、レジでは変更ができると言われたので、アートコースターを大人買いをしてしまいました(爆)

長女が1学期の成績が上がったのでご褒美のつもりでしたが、これは買いすぎましたね…

この他にもコラボをしたコンビニのオーソン(OWSON)でもグッズが販売されているので、財布の紐はゆるみ通しでした(トホホ…)

『ジョジョの奇妙な冒険 Part8 ジョジョリオン』ワールドコレクタブルフィギュアは豪華3点セットです!

ジョジョリオン「東方定助」(ひがしかた じょうすけ)

 

「空条仗世文」(くうじょう じょせふみ)

「吉良吉影」(きら よしかげ)

当日会場ではグッズの品切れも結構あったので、レロレロキャンディは買えませんでした、残念。

これはアメを舐める擬音「レロレロレロレロ」から、アニメ流行語大賞で金賞を取っている話題のワードなんだそうですね!

こちらはジョジョ展で同時開催されている、メルセデスミー東京(六本木)店(ベンツのディーラーです)で販売されていた、
エメラルド・スプラッシュ・ソーダについていたコースターですね!

漫画の中で飴を舐めるシーンがそのままお菓子となって商品化されているのです。

この日売り切れていた商品をチェックしてみると…

  • Part7 スティール・ボール・ラン』Tシャツ 4200円
    Tシャツ キービジュアル 東京 2800円
    レロレロキャンディ 600円
    ジョジョ展に行ってきましたクッキー 1200円
    Part3 スターダストクルセイダース スマホケース 3500円
    家系図手ぬぐい 800円
    タオル2200円

など、売切れとなっていましたが、もしもあったならば散財していたでしょうか(笑)

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」で販売された特製グッズは、「ジャンプ キャラクターズ ストア」にて、2018年11月12日㈪より販売されますよ!

B2ポスター、特大ポスター、ポストカード、クリアファイルセットなどが通販で購入できるそうです。

 

 

まとめ

いや〜ジョジョ展は良かったですね〜!

漫画を読まずにこれほど楽しめるとは(笑)

今回ジョジョ展の他にも、近隣のコンビニでコラボをしていたローソン(オーソン)も見に行かれて、そこでもグッズが買えたので良かったです。

なんでも近くにあるベンツのお店、メルセデスミー六本木店ではジョジョとのコラボカーやカフェもあるというので、行ってみたくなりましたね!

 

また、ジョジョ展で売り切れになっていたグッズが欲しくなったので、リベンジしようと思います!

ということで、またジョジョ展のチケットを予約してしまいました〜!(呆…)

ジョジョ展に行ってきたら、また追記でレポートを書かせていただきます。

ちなみに東京が終わると、ジョジョ展は大阪でも開催されますよ。

2018年11月25日㈰〜2019年1月14日㈪

会場は大阪海遊館の隣りにある、大阪文化館天保山です。

今しがた、マジンガーZの永井豪展が開催されています。(〜9月24日まで)

秋はいろいろと見に行きたいイベントが多いので、どこに行こうか迷っているところです。

 

追記 ジョジョ展をリピートしてみたっ!!

9月16日㈰、シルバーウィークの最中にチケットが取れたので、ジョジョ展に再びでかけてみましたよ!

今回は小田急ロマンスカー VSE50000形に乗ってみました〜。

最初にローソンでなくて「オーソン」に立ち寄るも欲しいグッズが売り切れであえなく撃沈してしまいました。

そこで気を取り直して、近くにあるメルセデスミーで一息つくことができましたよ。

圧巻のドドドカーを見ることができたので、第一の目的を果たすことができたのであります。

 

そして本チャンの新国立美術館をめざしましたよ。

この日は天気がよくて蒸し暑い日でしたね。

ジョジョ展の会場が2階にあるので、エスカレーターに向かってみると!?

なんとエスカレータ乗り場から何やら行列ができてるではありませんか!

エスカレータに乗る前にチケットを見せる必要があります。

ジョジョ展の入場口にも数十人の行列ができてました。

12時からの入場になるので、前回と同じ時間帯になります。

入場口に待つこと2〜3分ほどで受付までたどり着きました。

入り口で会場案内をもらいました。

前回来たときは、この用紙の存在を知らなかったのですが、会場に展示されている作品について詳細が記されていましたよ。

今回は老眼鏡を持ってきたので、細かい文字を読むことも辛くはありませんでしたね(笑)

ジョジョ展の中の見取り図です。

1宿命の星因縁の地
2スタンド使いは引かれ合う
アーティストによる立体オブジェ作品が展示
3JOJO’sデザイン
アーティストによる立体オブジェ作品が展示
4ハイ・ヴォルテージ
5AURA WOW映像作品
6裏切り者は常にいる
荒木飛呂彦の新作大型原画
7ジョジョリロン
新作大型原画、ドキュメンタリー映像
1〜4は荒木飛呂彦のジョジョの原画が展示されていました。

ジョジョの奇妙な冒険の漫画原稿には、青い鉛筆で印刷用の指示書きが書かれていたり、着彩された原画が所狭しと飾られてましたね!

インクやアクリル絵の具で着彩されていたり、色のついたフィルムを背景に貼り付けてある作品もあり、私も人作品ごとに丁寧に見て回りました。

なんと1つめのコーナーだけで1時間以上費やしてしまいましたが、時間の経過を忘れてしまうほど素晴らしい作品でしたね!

 

フォトスポットは大型パネルが展示されているので、写真撮影が許されている場所です。

前回来たときよりも入場者が多いですね!通路にたくさんの人が写真撮影をしていました。

グッズは最後のショップコーナーで購入することができます。

 

今回はジョジョ展でレロレロキャンディーが欲しかったのですが、前回売り切れていたのでどうしてもゲットしたかったですね。

事前にホームページで在庫があることを確認してでかけたのですが、15時30分頃にグッズを購入しているのですが、レロレロキャンディーは途中で売り切れてしまったそうです。残念…

店員さんに在庫を聞いたところ、「大阪展では発売する予定だけれど東京で再販するかどうかはわからない。」といわれました。

というわけでホームページをチェックしたところ、レロレロキャンディーは「在庫あり」になっていましたよ!

もしもジョジョ展のグッズを必ずゲットしたいという方が、ジョジョ展のホームページで在庫を確認したら、朝最も早い回の時間帯(10:00〜11:45)に行くことをおすすめします!

帰るときに登りのエスカレーターをみると、入場待ちの行列ができてましたよ。

今回ゲットしたグッズがこれですね!

ジョジョ展とこらぼしているメルセデスミー六本木と新宿ルミネエストにも行っているので、ジョジョのグッズはごちゃまぜに鳴っていますね。

コレクション缶バッジ第5部✕10個 4000円

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ展に行ってきましたクッキー 1,200円(税込)

わりとグッズの品数は控えめでしたね(笑)

ジョジョ展に行ってみて感じたことは、グッズ狙いで行くならば初日か、早い時期にしかも朝イチに見に行くことをおすすめします。

荒木飛呂彦の原画をみて、すっかりジョジョにはまってしまいましたので、秋からの新アニメも子供と一緒に見ていこうとおもいます。

それでは最後までお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。

 

ジョジョとコラボしたコンビニのOWSON(オーソン)店に行ってきました!

ジョジョのオーソン六本木店の場所や限定グッズは?いつまでか調査!

 

あわせてドドドカーが展示してある、メルセデスミー東京も見てきましたよ!

同時に羽田空港にも「ドドドカー」が展示されていましたよ!


ジョジョ✕ベンツカフェ六本木のレポ!コラボカーやドリンクを調査!

ジョジョと新宿ルミネがコラボイベントをしていて激ヤバ過ぎる!?


ジョジョ✕ルミネの場所は?コラボグッズの販売やtシャツを調査!

 

その他こんな記事がよく読まれています▼

ダイバーシティガンダムショップのレポ&感想は?限定ガンプラを調査!

石原裕次郎の軌跡展(東京)の場所や期間は?名古屋や大阪会場を調査!

京急北斗の拳のグッズ&キーホルダー!コラボの運行予定やいつまでか?

ビジュード表参道店にGO!キンキキッズモデルの品切れや待ち時間は?

ニコニコ超会議2017の鉄道ブースに行ってきた!グッズや感想について!

稀勢の里の副賞マカロンは色が凄い!どこの店?フランス友好杯を調査!

藤井聡太のおもちゃは知育積み木!3歳から遊んだキュブロの価格は?

小田急線に忘れ物をした!問い合わせの電話や荷物の引取方法を調査!

総火演2018年に行ってきた(前編)!シート席の場所取り合戦や持ち物は?

総火演2018年に行ってきた(後編)!演習や帰りのバスの待ち時間は?

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • ちー
    • 2018年 9月10日

    こんにちは。しず様 お久しぶりですがお元気でした?こちらは何とか生き長らえております(爆)
    話題のJOJO展ですね。確か現役の漫画家では初めて国立新美術館で開催されたんですよね。JOJOの内容は
    あまりよく知らないのですが一度見ると印象にすごく残る絵ですよね~
    そしてお買い物がすごいですね。金額が~ さすがです。あの方の時でさえ、それほど使われたことは
    ありませんよね(笑)
    大阪でも開催があるんですね、芸術の秋なので行ってみようかなと思う今日この頃です。
    今日も力作レポをありがとうございました。

      • kiyosuke
      • 2018年 9月11日

      こんにちは!ちー様いつもコメントをいただきありがとうございます!
      ようやく涼しくなってきたので、過ごしやすいですよね。

      >確か現役の漫画家では初めて国立新美術館で開催されたんですよね。
      そうなんですか!? 教えていただきありがとうございます!
      荒木飛呂彦の作品を見ていると、漫画家というジャンルを調節しているくらい絵力のある作家さんだと思います。
      芸術的な作品なので、美術館で展覧会をしても違和感は全くありませんでした。
      ジョジョのグッズは、子供に注文シートを渡してしまったのが敗因で、あんなに買っていたとは会計のときに初めて知りました…(笑)

      あの方は最近水面下で活動しているみたいで、情報が入ってこないものですから悶々としております^^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

マイプロフィール



はじめまして!
しずといいます。


私は電車とディーンが大好きな主婦です。
電車のイベントやディーンのライブに行くのが生きがいです。

他にも、日頃気になることを日記に書いて行きます。
井戸端会議のようなネタや、
ヲタク過ぎる話もありますが、
どうぞよろしくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク