郵便局の通帳を再発行するのに必要なものは?手数料や日数を知りたい!

この記事は7分で読めます

郵便局や銀行の通帳や印鑑をどこかになくしてしまったときに、通帳や印鑑を再発行する場合に必要なものは何でしょうか?

また郵便局や銀行の通帳や印鑑を再発行するための手数料や、日数もあわせてチェックしてみようと思います。

スポンサードリンク

郵便局の通帳を再発行するのに必要なものは?

先日うちの年老いた母から連絡をもらったのですが、

「家の中で、郵便局と銀行の通帳のしまい場所がわからなくなって困っている。」

と言われたので、急いで実家に駆けつけたのですね。

そこで話を聞いてみると、郵便局と銀行の通帳をなくしてしまったというのです。

普段母が使用しているのが銀行の通帳で、しまってある場所は私も知っているので、みてみるとないのですね。

また、郵便局にも預けてあるからと通帳があるのですが、見当たらないのです。

他にも銀行の通帳を持っているのですが、母の家を探しても通帳がすべてなくなっているのですね!?

 

普段預金の引き出しは家から場所が遠いので、私が一緒に車で連れて行っており、通帳を外に持ち出して紛失した可能性は低いと思うのです。

きっと家の中で通帳の保管場所を移動させたので、どこかに行ってしまった可能性が高そうですね。

と、思い当たるであろうたんすや押入れ、戸棚などを探してみた所、全く見当たらないのですね…

さらに、ダメ元で冷蔵庫の中や洗濯機の裏や靴箱、ベッドの下など家の中で隠せそうな場所をくまなく探してみたものの全く見つからないではありませんか!?

これはもう一大事じゃ!と、郵便局や銀行にすぐさま行って再発行の手続きをすれば済むものだと思っていたのですが、なんと通帳のお届け印や大事な実印すら見当たらないではありませんか?

通帳なし、印鑑なし、の状況でどうやって再発行をしてくれるのでしょうか?

ちなみに現在本人確認できるものといえは、「健康保険証」しかもっていないのですね。

運転免許証やマイナンバーカードなど、顔写真のついた公的証明書類があれば、すぐに本人確認ができるのですが、なんだかめんどくさそうな予感がしてきました。

とりあえず気が動転している母を連れて、とりあえず郵便局に行くことにしました。

 

これはあとでわかったのですが、キャッシュカードや通帳を紛失した場合は、まず最初に、ゆうちょ銀行や郵便局の貯金窓口へ連絡をしたほうがいいです。

電話をして紛失した通帳やカードの取引を止めてもらいます。

【ゆうちょ銀行カード紛失センター】

0120-794889 (ナクシたときはハヤクお届け)(通話料無料)
海外からご利用の場合 045-279-6201(通話料有料)
※ 年中無休・24時間受付

 

その後ゆうちょ銀行や郵便局の貯金窓口に行って、再発行の手続きをしていきますよ。

 

スポンサードリンク


郵便局の通帳を再発行するのに手数料や日数を知りたい!

母と一緒に郵便局に行って、通帳と印鑑を家の中でなくして見つからないということを説明したところ、まず紛失した通帳やカードの取引を止める手続きを行いました。

調べてみると母は通帳を2冊もっていたというので、手続きするときは2枚ずつ書類を書いていく必要があります。

 

そして、通帳と印鑑が見つからないという前提で、それらを再発行する手続きを取ります。

本人確認書類ということで、母の場合は健康保険証を提示して再発行の手続き、そして、新しく届け印を変更するように改印の手続きを行いました。

 

通帳とカードに関しては、「再発行請求書(通帳等・カード用 Suica用)」という用紙に住所・氏名などを記入するように渡されました。

再発行するものは、総合口座通帳とキャッシュカードがそれぞれですね。

郵便局の預金通帳にはデザインが3種類(みどり、ピンク、黒)あり、好きなデザインを選ぶことができるそうです。

母はどれにしようかと迷っていたのですが、可愛いイラストのかいてあるのピンクの通帳を勧められてましたね。

通帳をなくして不安がっていた母にも、ようやく安堵の表情を浮かべましたよ。

あとは用紙を記入して手続きをすれば通帳とカードの再発行手続きは終了です。

 

と言っても通帳やカードが即日発行はされません。

再発行した通帳やキャッシュカードは、自宅住所へ簡易書留郵便で郵送されます。

自宅に通帳やカードが郵送されることで、本人確認を行っているのだそうです。

運転免許証など顔が確認できる証明証があれば、手続きはスムーズにできるのですね!

 

ここで、キャッシュカードを新しく作るために再発行の手数料として、1,030円(税込)がかかります。

母の場合は2枚再発行をするので、2,060円の手数料を支払いました。

こうして、キャッシュカードや通帳の再発行手続きを窓口で行いましたが、受け取りまでにかかる日数は1週間から2週間かかるそうです。

ここまで手続きを終えた後、郵便局員は私をみてかんぽ生命のちらしをとりだしてきたので、まだ他にも銀行へいかなければならないと言って郵便局を後にしたのでした。

 

郵便貯金の通帳とカードの再発行の手続きをしてから7日目に、通帳が簡易書留で母の自宅に届けられましたよ。

届いた通知書を読むと、キャッシュカードのほうが手続きがかかるので後日届けられると書いてありました。

同時に通帳とキャッシュカードが届けられないというので気持ちはじれるのですが、気長に待ってみたいと思います。

 

その後、郵便貯金のキャッシュカードは、12日目に簡易書留で送られてきました。

ただし、暗証番号は仮番号を後日送ってくるので自分で設定し直さないといけないということでしたので、さらに

気長に待ってみたいと思います。

スポンサードリンク

 

銀行の通帳も再発行するのに必要なものは?

次は母がメインで通常使ってる銀行に行くことにしました。

まだ他にも銀行に預金通帳を持っているけれど、高齢の母の体力を考えて優先順位の高いものだけとりあえず手続きを進めて行くことにしたのでした。

 

まず最初に、通帳とキャッシュカードの取引ができないようにするために必要な書類を書かなけれなならないのですね。

本人確認として、健康保険証を提示したところまでは同じですが、銀行の場合の郵便局と再発行の手続きは同じものだと思っていました。

私が代筆をしようとしたら、本人確認として筆跡を見なければならないので、氏名だけは母に書いて欲しいと行員に言われました。

母が書いた名前の筆跡をみて、まず本人が窓口に来てるの確認しているのですね。

次に現在なくした通帳の残高がどのくらいあるのか聞かれました。

紛失する1週間前に銀行に振り込みに来ているので、ATMで私が代わりに振込をしたので残高を覚えていた金額を伝えました。

さらに、行員が通帳の引き落としをチェックして、どういうものが引かれているのか確認するのですね。

マンションの管理費やコープ生協の引き落としなど、本人が特定できそうな項目をチェックして、ようやく本人が窓口に来たかどうか確認がとれたみたいです。

 

銀行の通帳を再発行するのに手数料や日数を知りたい!

郵便局に比べるとかなり厳しいチェックの仕方ですよね!?

しかし銀行で手続きできるのは通帳とカードを止めるところまでです。

行員に残高を調べてもらった所、不正に引き出されたことはなかったのでひとまず安心です。

 

このあとは銀行から「お届け内容のご確認のお願い」という郵便を自宅に送るのでここで本人確認を行うわけなんですね!

通知は普通郵便で、1週間から2週間ほどかかるそうです。

この通知を持って、本人確認書類として母は健康保険証、新しい印鑑、通帳とカードの発行手数料(1,080円×2)を窓口に持って行きはじめて再発行の手続きが行えるという段取りなわけです。

銀行のケースでもキャッシュカードや通帳をなくした場合安全のために取引を止めるために電話連絡をすればよかったみたいです。

以下は横浜銀行の場合です。

横浜銀行の取引店や最寄り店に連絡する。

自動サービス受付の電話番号(24時間365日 )

0120-225-102

※海外からの通話などフリーダイヤルを利用できない場合

045-933-5030(通話料有料)

 

銀行から通知書が届いた!

その後、横浜銀行から4日後に通知書が届けられました。

そこで、銀行から届いた通知書と、新しい印鑑、本人確認書を持って母を連れて銀行へ行きましたよ。

銀行で「届出事項変更届」という用紙に新しい印鑑を押して、記入したものを窓口に出すことで、新しい通帳とキャッシュカードを即日発行してもらえます。

手続きはとても簡単だったので、ようやく通帳とキャッシュカードをもらえました。

紛失したのがICカードだったので、同じICカードを再発行してもらいました。

と同時に、通帳とカードの再発行手数料は、それぞれ1,080円を支払いましたよ。

 

もしも通帳やカード、お届け印を紛失したら、まずは銀行に電話で連絡することが第一ですね!

 

母が通帳をなくした本当の理由は?

ですが、最初から通帳や印鑑を自宅でなくした可能性が高いと私は確信をしていたので、ギリギリまで電話で止めようとしなかったのですね。

というのも、最近母は高齢のせいか物忘れが多くなり、同じことを何度も繰り返し話したり、杖や傘をを置き忘れたりすることが増えたからです。

 

悩みに悩んで、地域を担当する民生委員の方にも相談したところ、以前母の家に訪問したことがあるのですが、

高齢者に多い症状がみえていると気にかけていたそうです。

最近では、以前実家に出入りしていた食材配達員の人に、家のものを盗まれたと民生委員の方にもこぼしていたようです。

なくしたものは後からでてきたりするので、決してそんな盗まれたりすることはないのですが、自分でなくしたことを「盗まれた」と母は勘違いしているのですね!

老人特有の症状というよりか、認知症を疑ったほうがいいとも言われましたね。

 

友人のお母さんが、私の近所の老人ホームに住んでおられるのですが、ホームの人に母のことを話したら、入居者のおじいさんも同じような症状が出ていると教えてくれました。

自分の通帳を誰かに取られないようにどこかに隠したのですが、しまった場所を忘れてしまい見つからなかったので、銀行で再発行の手続きをしたという話を聞きました。

もう他人事では済まされないと感じましたね、マジでね。

 

最近の母の状態をみてると、介護申請もしてないので手続きをしていったほうがよいのと考えてます。

ですが、その前に主治医に一筆書いてもらわなければならないこともあり、病院にも連れていきたいけれどどう切り出してよいか悩んでいたところですね。

これはかなりヤバイぞ!?

「いくら探しても通帳が見つからない。」と母はご飯もあまり食べなくなっていたというので、これは悪い兆候を感じました。

 

問題は、自宅に届いた通帳やカード、銀行からの通知書をなくさないで、保管していてもらえるかどうか心配になってきましたね。

通帳や通知が届いたら私に連絡してもらうようにと、念押しのために、必要なことを紙に書いて冷蔵庫に貼って帰りました(笑)

今回家にある通帳と印かんの一切合財が紛失してしまい見つからない事態となったので、一度専門医に母を早急に診せに行かなければならないと、ようやく重い腰を上げたのであります。

母は実家に一人暮らしなのですが、私は近くに住んでいることもあり面倒をこれまで見ていたのですが、いよいよ本格的に介護をしていかなればならないのかなと思い始めましたね。

一緒に私の家に住もうと提案しても、やはり一人暮らしの方が気楽だし友人が近所にいるからと、拒否られてますね。

 

ということで、このブログは「介護日誌」として日々の気づいたこともこれから書いてみようと思います。

同じように親御さんの介護をされている方のために、なにかに役立てられたらといいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

あわせて読みたい!おすすめの記事はこちらから▼

認知症を疑う母が病院に行かない!どうやって連れて行くか試してみた!

小田急線に忘れ物をした!問い合わせの電話や荷物の引取方法を調査!

死後離婚の実例がリアル!子供の戸籍についてや旧姓に戻せるか調査!

秋バテの症状や原因は?体の不調や痛みを改善・予防方法をチェック!

風疹の予防接種を受けたか不明?調べる方法や費用や助成があるか調査!

天気痛の改善体操は耳ストレッチ(元気の時間)!原因と予防方法を調査!

ロキソニンは危険?長期服用で副作用?効果や炎症について!

もち麦は効果なし?原因を調査!基本の炊き方(3合)でやせ体質になる?

レモン酢の健康効果は?高血圧や動脈硬化を改善!適量を調査!

甘酒の作り方は簡単?米麹のみの方法やヨーグルトメーカーを調査!

黒糖バナナ酢の作り方は?効果的に飲むタイミングや量を調査!

酢黒豆の作り方は?材料の選び方や簡単人気レシピを公開!

家事えもんの揚げないドーナツの作り方!余った餅活用レシピ!

醤油麹や甘酒の作り方(乾燥麹)は?人気レシピや効能を調査!

おにぎりののりがパリパリでうまい![あさイチ]くっつかない巻き方!

石村知見(ゼロトレ)の結婚相手の旦那や子供は?レッスンや料金を調査!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • ちー
    • 2018年 10月25日

    こんにちは。 まさに現代の縮図のような出来事でしたね、しず様お疲れ様でした。
    結婚されても子供が近くに住んでいてくれるとお母様も心強いですね、ちなみにお母様はおいくつですか??
    私は先日母を亡くしたばかりで母の面倒をみることはもうないのですが、これから父がです。。老いは
    誰にも避けられないのですが、色々ありますね。
    そしてしず様のお母様の言動はご近所さんの方とまさに同じで、その方も一人暮らしをされていましたが
    最後は娘さんの勧めと本人の希望もあり施設に行かれました。
    この記事はこれからお世話になるかもしれないのでありがたい情報でした。
    >介護日誌
    書いていただけるとありがたいです。

      • kiyosuke
      • 2018年 10月25日

      ちー様、こんにちは!コメントを頂きありがとうございました。
      自分の親は大丈夫だと、他人事のように思っていましたが、まさか通帳をなくしてしまうとは初めての出来事であります。
      私は母親の年令を最近まで正確には知らなくて(爆)書類を書くようになってようやくわかりました…
      もう85歳になっていたとは!?
      当の本人は年齢は間違えずに言えてました(笑)
      ちー様もお父さんの面倒をみられるというので、私も教えていただきたいです!

      私の母は2年くらい前は老人ホームに慰問訪問をして、自らキーボードで伴奏を弾いて演歌のカラオケ大会をしていたくらいなので、大丈夫だと思ってました。
      ところが昨年から状態が思わしくなく、物忘れが増えたの早く病院に連れて行こうと思います。
      これまでは、「私はボケてないから必要ない!」と病院に行きたがらなかったのですが、
      「通帳も印鑑もなくしたくらいだから、病院に行って薬もらってこようね!?」と母もしぶしぶ納得してくれました。
      身内だからこそ、ちゃんと守らないといけないと思うとプレッシャーもありますが、進まないことには始まらないすネ(^_^;)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

マイプロフィール



はじめまして!
しずといいます。


私は電車とディーンが大好きな主婦です。
電車のイベントやディーンのライブに行くのが生きがいです。

他にも、日頃気になることを日記に書いて行きます。
井戸端会議のようなネタや、
ヲタク過ぎる話もありますが、
どうぞよろしくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク