Y160記念列車の旅のレポ&感想は?イベントのコースやグッズについて!

この記事は7分で読めます

「横浜セントラルタウンフェスティバル Y160記念列車の旅」という、JR東貨物線を走るイベントに2019年5月25日㈯、26日㈰と2日間参加したので、列車の旅のレポートと感想を書いています。

そこで、実際に185系の特急電車に乗って25日にJR石川町駅〜熱海駅間と、26日にJR石川町駅〜富士川駅(東田子の浦駅)までのコースの走行記や、車内のイベントの模様、記念グッズなどを紹介していきます。

それでは〜横浜へGO!!

スポンサーリンク


Y160記念列車の旅に参加してみた!

「Y160記念列車の旅」という鉄道イベントツアーに初参加してきましたヨ!

これは、横浜開港200周年となる「Y200」をめざし、「横浜セントラルフェスティバル」という横浜の中心から発展と賑わいを発信するイベントで、2019年5月25日㈯・26日㈰に開催されました。

そこでJR東日本が記念列車として、185系の列車に乗って普段私達が使うことがない貨物線を走行して熱海や富士川へ向かうイベントなのですね。

横浜駅まで相鉄線に乗っていくんですけど、偶然にもラッピング車の「そうにゃん号」に出会えてラッキー♪

一車両に一つだけ、そうにゃんの形をした特別仕様の吊り輪があるのですね!

JR石川町駅からY160記念列車に乗るのですが、ホームは人で溢れてたいへんなことに!?

石川町では、規制線が引かれていて列車の写真は思うようには撮れませんでした…。

やっとの思いで撮れた1枚はこちらです↓

185系のヘッドマークは「横浜開港月間Y160」という文字が刻まれていましたね。

どうやら開港記念のイベントを「Y200」まで続けるつもりらしいのですが、あと40年も頑張って長生きして参加をしてみたいもんじゃのう!!

表示板は、「団体」と書かれてますが、このような臨時列車につけられる表示だったのですね

東海道やスカ線に乗っているときにすれ違いざまにみかける、緑色のラインが特徴の電車に初めて乗ることができましたよ!

今年の記念列車は185系です。

出発駅の石川町のホームでは乗客とカメラ愛好家たちでごった返していたので、途中駅の撮影タイムでようやく撮れた185系(B5編成6両連)です。

記念列車のツアーの発売日にJRの窓口にいったところ、「すでに予約が入っているから買えないかもしれない。」と担当者にあまり期待しないようなことを言われたのですが、奇跡的に2日間のツアーの切符が手に入りました(笑)

なんでも大変人気の高いツアーだそうで、発売して1時間で売り切れてしまったというから注目の高さに驚きました!

↓185系の車内の模様です。

座席はわりとゆったりとしており、座り心地が良かったですね〜。

スポンサーリンク


 

Y160記念列車の旅のレポ&感想は?イベントのコースについて!

Y160記念列車のコースをみると、在来線と普段乗ることのない貨物線を走行して目的地の熱海や東田子の浦(静岡県)へ向かいます。

5月25日㈯のAコース

石川町駅 8:39分頃発〜実際5分ほど遅れてましたが、出発進行!!

JR東日本のマスコットキャラクター、「ハマの電ちゃん」もホームでお見送りをしてくれました♪


(根岸線、高島線、東海道貨物支線)

↓横浜を通過するとき、横浜そごうが車窓から見えましたネ!

横浜そごうから山下公園まで水上バスで行かれるのですがなかなか楽しいですヨ、横浜は見どころがいっぱいあります!

この日はさつき晴れで、撮影日和でしたね!



浜川崎駅(折返し)

浜川崎駅からいったん折り返して、鶴見駅へ向かいます。

列車はスイッチバックをするので、進行方向が逆向きに変わるんですね!

運転席が見える先頭車のデッキでは、鉄道愛好家のギャラリーが入れ替わって、とてもにぎやかでしたね!

運転席はこうなっているのですね!


(東海道貨物支線)

鶴見駅(折返し)

鶴見駅で再びスイッチバックをして、新鶴見信号場へ列車は向かいます。

スイッチバックするたびに運転しと車掌が入れ替わることもあり、停車している時間が取られます。

なんだかはしってるよりも、折り返し地点で停まっている方が長いような気がしましたね。


(品鶴線)

新鶴見信号場(折返し)

ここで進行方向が変わるので、車内の乗客は一斉に座席の向きを変えていましたよ!

アナウンスもなく一斉にみな立ち上がったので、いかにして鉄道ファンが占めているのかがよくわかりました(笑)

座席を回転させて椅子の向きを変えた後ですが、列車の進行方向が逆向きに変わりましたヨ!

列車は目的地のある熱海駅をめざして走ります。

(品鶴線、東海道貨物線、東海道線)

羽沢インター付近を通過してるところですが、じつはアプリのマップにも表示されてないところを走っています!?

これは相鉄線とJR直通線が相互間の乗り入れをするために今工事をしているのですが、

相鉄線西谷駅とJR東海道貨物線 横浜羽沢駅付近間を新設しており、新設連絡線の上を走行しているのですね!

直通運転をするために途中に新駅(羽沢横浜国大駅)を建設中でしてね、工事現場を通りながら一行は熱海駅を目指します。

相鉄線とJR東日本の相互乗り入れは、2019年11月30日に開通する予定ですが、ますます都心にいくのが便利になります。

イベント列車は、横浜羽沢駅を通過していきます。

じつはJR東日本の平塚駅をすぎたあたりから記憶がなくて、爆睡しておりました(笑)

気がついたらときすでに遅しとばかり、列車は無情にも海岸線を走っていたのでありました…。

熱海駅 11:25分頃着

スーパービュー踊り子号が熱海駅に停まっていましたが、また展望席に乗ってみたいものであります♪

「平成」と反対側には「令和」と書かれたヘッドマークがついていました。


熱海駅からは自由行動になるので、昼食を兼ねて熱海駅を散策します。

熱海駅を出るときは、改札口は団体様専用乗車口から出入りができるようになっておりました。

ストラップカードを提示するだけで、検札もなしでスムーズに出入りができましたヨ。

駅前の商店街は週末ということもあり、観光客でたいへん賑わっていましたね!

商店街の店先には何が下がっているのかと見に行くと、なんとイカが干してありました(笑)美味しそうですね〜♪

Y160記念列車は「元町リカちゃん」というマスコットガールが同行しており、乗客は記念撮影ができるのですね!

元町りかちゃんとはなにかというと、ヨコハマブランドの衣装を身に着けているのですが、かわいらしいですよね〜!!

洋服はフクゾー、シューズはミハマ、アクセサリーはスタージュエリー、バッグに刺さっているのはパンのポンパドールとヨコハマブランドのコスチュームで着飾っていました。

フクゾーとかハマっ子ブランドは、とても懐かしいですね!?

そういえば十代の頃は、ハマトラスタイルは女子たちの憧れでしたね!



熱海駅 13:00頃発

(東海道、東海道貨物線、根岸線)

石川町駅 14:18頃着

ようやく長い列車の旅が終わり、無事に石川町駅に到着しました。

1日目の列車の旅は終了です。

このあと参加記念グッズがもらえるというので、別会場の山下公園まで徒歩で向かいました。

 

5月26日㈰のBコース

石川町駅 8:39発

翌日列車は定刻通りに発車しましたよ!

(根岸線、高島線、品鶴線)

新鶴見信号機(折返し)


(品鶴線、東海道貨物線、根岸線)

機関車が停まっていたのですがあまりの数だったので壮観でしたね、乗客はいっせいにカメラのシャッターを切っていました。


富士川駅(折返し)

富士川駅から見える富士山は雪が少し残っており、頂上までの全景を見ることができたのでラッキーでしたね!

(東海道線)


東田子の浦駅(約25分間停車)

東田子の浦駅に到着しました。

元町リカちゃんの撮影会もホームで行われていましたよ。

日曜のコースはずっと列車に乗っている旅でして、唯一下車できたのが東田子の浦駅なんですが、改札から外にはでられませんでしたね。

途中下車がないので、前日のコースのように熱海駅周辺を散策したりお土産を買ったりすることができないので残念だったですね。
(東海道線、東海道貨物線、根岸線)

 

Y160 記念列車の旅は、日曜日のコースだけお弁当とお茶がついているツアーでした。

気になる駅弁の内容ですが、崎陽軒のシューマイ弁当で中華料理のおかずがどれも美味しかったですね♪

東海道線の車窓の風景を楽しみながら、駅弁を食べる旅は格別ですね!



石川町駅 14:28

列車は無事にJR石川町駅に到着しました。

Y160記念列車のグッズが山下公園で限定で発売されているのですが、土曜日はゆっくり歩いていたので目の前で売り切れてしまいました…。

そこで、翌日リベンジするために、列車を降りると185系の列車や元町リカちゃんの撮影もすっ飛ばして、山下公園までひたすら目指したのでありました…。

 

スポンサーリンク


Y160記念列車の旅の記念グッズについて!

Y160記念列車の旅に参加するともらえるグッズがあるのですが、終着駅の石川町駅から離れた会場まで足を運ばないともらえないのですね。

記念グッズは人数分あるので、締め切り時間までに向かえばよいのですが、限定品というのは前日に売り場であえなく売り切れてしまったのでした。

翌日はリベンジのつもりで、間に合うように炎天下の中を急いでむかったのであります…。

石川町駅から山下公園まで歩いておよそ20分というですが、5月なのに真夏のような天候だったので歩くだけで滝汗でしたね…。

中華街を横目にして、寄り道もしないでひたすら山下公園を目指します。

山下町にある横浜人形の家の前を通り、会場まで歩き続けましたが、さすがに走る程の体力はありませんでしたね(爆)

マリンタワーが目の前にある会場の山下公園にようやくたどり着いたのですが、暑さと疲れがピークで足元はすでにヨレヨレでしたね(汗)

要するに主催側としては横浜セントラルタウンフェスティバルが開催されている山下公園に、記念列車の乗客を呼び込みたかったわけですね!!


こうして、山下公園で記念品を引き換える事ができました。

横浜元町ハンドバッグのキタムラ製の特製バッグですが、予想していたものよりも上等だったので驚きました!

キタムラのバッグは昔からの憧れでしたが、今度は本物のハンドバッグが欲しいものです(笑)

前日に売り切れてしまった、Y160開催記念列車運転記念のサボプレートです。

裏側もデザインされてますけどね、暑さと戦ってようやくゲットできたサボプレートでした・・・。

それはさておき、サボプレートってなんなの?といいますと、行き先表示板で列車の入り口にプレートを入れるところがありましたね!

苦労して買ったものの何なのかよくわからなったのですが、ようやく腑に落ちました(笑)

Y160記念列車乗車記念証を参加者全員にもらえたので、私はこちらの硬券のほうがありがたいですね!

Y160記念列車の旅に参加してみて

二日間に渡ってY160記念列車の旅に参加してみたのですが、内容はとても素晴らしかったですね!

ですが、5月というのに異例の暑さだったので完全にバテてしまいました(笑)

鉄道イベントというと一般客が無料で入れるイベントによくでかけていたのですが、有料の鉄道ツアーというのもなかなか楽しいですね!

しかしながら普段私達が走るところではない貨物線をスイッチバックして走行したので、貴重な体験ができてよかったです。

より鉄道に詳しい「鉄ちゃん」でしたら、よりのツアーの価値を噛み締められたのだと思いました。

私なんて、今どこ〜?と地図アプリを見ながらだったので、事前によく勉強をしていけばよかったと反省しました。

私は土曜日の熱海へ行ったツアーの方が印象深いですね!

 

この次は特急踊り子号に乗って、伊豆まで旅をしてみたいと思います♪

じつは奇しくもこの日は、小田急線の鉄道イベント「小田急ファミリー鉄道展2019」が海老名駅で行われていたのですが、目玉として展示されていたロマンスカーSE(3000形)が最後のお披露目を行ったイベントだったのですね!

Y160に申し込んでから小田急のイベントと被ったことに気づいて公開したのですが、日曜日の夕方偶然にも車庫に戻るところを目撃することができました!

相鉄線の終点の海老名駅で降りたところ、偶然SEロマンスカーを見つけたので夢中でシャッターを切りました。

SEは、もう自走できないので1000形に押されてましたが、この後海老名駅に造られるロマンスカーミュージアムに先頭車両だけ飾られるそうです。

最後の勇姿をこの目に焼き付けることができたので、今思い出すだけで感無量です(泣)

やはり、中間車は解体されてしまうのでしょうか?

1両くらいなら畑に置かせてもらいたいですが・・・これは冗談です(笑)

昨日下北沢駅を通ったところ、SEをデザインしたレリーフを見つけて嬉しくなりましたヨ♪

SEロマンスカーを偶然目撃してしまったので、この二日間の旅が一瞬で消し飛んでしまうくらいの衝撃がありました(爆)

やはり日頃の行いが良かったのか、あるいはもう一生分の運気を使い果たしてしまったのかは知る由もありませんが…。

そしてまた鉄道イベントが重なるのですが、次回は長野鉄道のイベントに行く予定なので、お楽しみにお待ちくださいませ〜。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

その他にこんな記事がよく読まれています▼

新金線体験乗車と成田山ツアー2019のレポ&感想は?

長野電鉄のイベント(ながでん感謝祭)2019のレポ&感想は?グッズ販売を調査!

伊豆急下田駅周辺の観光スポットを紹介!歩いて巡る名所巡りの旅!

スーパービュー踊り子号の乗車記!展望席・車内の画像や予約を調査!

新型特急ロマンスカーGSE70000形の試乗会のレポ&動画!車内の様子は?

小田急ロマンスカーお披露目会(GSE70000形)のレポート!グッズも調査!

筒石駅(秘境駅)へ行ってみた!改札からホームまでの階段が超ヤバい?

富山地方鉄道の電車車庫を見学!乗車ツアーの体験や感想を公開!

東成田駅は廃墟みたいで怖い?昔の写真や成田空港へ行く地下道がヤバい!

ちてつ電車フェスティバル2018のレポート!イベントや展示車両を調査!

スポンサーリンク


関連記事

    • ちー
    • 2019年 6月3日

    こんにちは。しず様 鉄子度すごいですね~、レポを読ませていただいてほぅ~ふーとなりました。
    世間では色々はイベントがありますね。キタムラの鞄は兄が入社する時にプレゼントしてくれました。
    すごく使いやすくてオサレで素敵な鞄でした。
    次回は長野ですか?!すごいですね~またレポ楽しみにしておりますね。

      • kiyosuke
      • 2019年 6月4日

      ちー様、こんにちは!コメントをいただきありがとうございました!
      あの方のイベントがないので、鉄道の方に入れ込んでおりました(笑)
      ちー様のお兄様が入社祝いにバッグのプレゼントをして、とてもステキな方ですね!
      私もいつかキタムラのバッグが持てるようなステキな女性を目指したいと思います♪

      鉄道イベントは電車に乗っている時間が長いので、結構疲れました…。
      体力をつけないと、出かけるのも大変ですね(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マイプロフィール

はじめまして!
しずといいます。
私は電車とディーンが大好きな主婦です。
電車のイベントやディーンのライブに行くのが生きがいです。
他にも日頃気になることを日記に書いて行きます。

井戸端会議のようなネタや、ヲタク過ぎる話もありますが、どうぞよろしくお願い致します。

スポンサードリンク